49歳に

本日、49歳になりました。確か織田信長が「人間50年下天のうちにくらぶれば夢幻の如くなり」と敦盛を歌った時が49歳だったかと思いますが。あ、違ったか信長が49歳で死んだのかな?

今日は、試験を受けるつもりだったが、ちょっと今回は無理だと判断したので、休みました。

先ほどは父が体調が悪くて救急車で運ばれました。80過ぎてかなり痴呆が進んでいるようだ。父の身体を支えて、改めて小さくなった父を感じた。私が49歳なるんだから無理もない。母は相も変わらずやさしい。母も耳も遠くなったが父よりは元気だ。何よりだ。

長女は部活が終わってこれからの大学受験への心の切り替えに時間をかけているようだ。どこに行くのか?自分で決めるしかない。朝は話したら夏休みの家族旅行は行かないで勉強を優先するようだ。

長男は、文化祭の企画提案者だったらしく、何やら責任があるらしく、プレッシャーが大きかったようだ。結果をまだ聞いてないが、責務を果たしたのか後でゆっくり聞いてみたい。

次女は、高校生活にも慣れてきたようだ。ここ続けて、陸上の練習がきつくなっているようだ。ここ連日、足のマッサージをしてあげた。すごい筋肉だ。記録が確実に伸びると良いが。やればできる子だと親バカは思っている。

次男は、6年生で運動会を無事終了した。リレーの結果は負けたが力を出し切ったのだから、悔いは なかったのではないか。少し大人に負けまいと背伸びした態度が見え隠れするようになった。結構面白い。

三女は、1,000円カットでお店の人とおしゃべりをして楽しそうだ。さっきも一緒に図書館に行ってきた。久しぶりの会話ができた。

会社は、私が議員になったおかげで、売り上げ減。正直明るい兆しはないが、会社の人はよく我慢してやってくれている。若い人材を探しているがなかなか求人募集しても問い合わせが来ないのが現状だ。建設業以外の業界の方の話を聞いても、人手不足は深刻だ。ワンクリックで給料が貰える業態が増える一方で、反比例して建設業界の人材確保は一層深刻化している。安倍さんには、もう少し踏み込んだ政策を打ち出していただきたいと個人的には考えている。

2期目の市議活動は、なかなかイメージしてたものとは違う。議会運営委員会の委員長になったが、議会も今後、混沌の様相が漂っているように思う。変な静けさも感じる。
9月の水道料金の問題では揉めそうだ。陸上競技場も作る出す前向きな議論をそろそろ誰かが言わなければならないだろう。もちろん我が最大会派からが良いと思っている。
西武の撤退の後も再利用をどうするのか?課題は尽きない。

選挙は、知事選挙が8月下旬になるらしい。橋本さんと自民党の大井川さんの戦い。見ものだ。

丹羽雄哉代議士の後継者の国光あやのさんも、まだまだ保守系一本化にはなっていない。厳しい。まだまだ戦ができるような状態ではないな。

本日は、誕生日ということで、多くの方からメッセージをいただきました。ありがとうございました。みなさんには、今後もご指導をいただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

長男と誕生日が一緒で、家で記念の撮影しました。テレます。

活動報告バックナンバー

Share