麻生太郎さんの安倍総理4選のコメントについて

昨今のマスコミや報道では、長期政権による安倍総理に対する批判は多くある。私自身も、安倍総理を支持してきた。最近なども少し長いかなあとも思っていたが、麻生太郎副総裁の発言は、極めてもっともともいえる発言と感じて、久しぶりに国政に対する自分の意見をコメントしてみたい。

安倍総理の「憲法改正は自分の手で成し遂げなければならない」との発言を考えると4選を目指すのは当たり前だと感じた。

ポスト安倍に名前が挙がっている人々を、色々とみてみると、「憲法改正」に積極的に発言している人はいないと感じる。

ご存知のように、「憲法改正」は自民党の党是だ。だから「憲法改正」を訴えない自民党の国会議員はもともとあり得ない。はずだ・・・。

ところがその「憲法改正」を安倍総理以外の次期の自民党のリーダー候補は、強く言及している人がいないのが事実だ。

だから麻生副総裁は、「それならば4選を挑戦する覚悟は必要だろう」と言っているのだ。

極めて筋が通っている。

野党がどうのこうのというよりは、自民党の中の問題なのだろうが・・。

自民党の中で、党是である政治目標にチャレンジしない総裁などはありえない。

麻生副総裁のあのふてぶてしさで、ひねくれ者のような発言には、いい印象を持たない人も多くいるだろうが、すごく筋が通っている発言と感じた。

岸信介が総理大臣を退任した後、池田隼人が総理になった。もともと池田隼人さんも「憲法改正」に賛成だった人だと記憶している。しかしながら、総理になったとたんに、「憲法改正」は封印して、「所得倍増論」政策を最優先に、経済成長路線に舵を切ってしまった。

お陰で高度経済成長で大成功したともいえるが、政治的には「憲法改正」論議を封印してしまったわけだ。

政治家の評価は難しいが、これが良かったのか?悪かったのか?

麻生発言は、スラっと言い放った「安倍総理4選」だが、戦後の政治の最大の目標、自民党の政治目標を実現する一番近い選択なのかもしれないと思いました。

文責 五頭泰誠


行政視察 第3日目 高松丸亀町商店街振興組合

高松丸亀町商店街振興組合について。今回の視察の中では、目玉となりました。

重要なキーワードは、「土地の所有権と使用権の分離」を実践していることです。今回の視察の重要なキーワードと言っていい。

宮崎県の油津商店街の視察の時も、商店街の活性化に頑張っているなあとの印象も強かったが、今回は、それをも凌ぐ大きな衝撃を受けたという印象だ。どこの地方の商店街も活性化を模索しているが、必ず障害になるのが「土地問題」だ。この土地問題を解決する重要なキーワードが「土地の所有権と使用権の分離」だというのが、高松丸亀町商店街振興組合の理事長 古川康造 の主張。しかもそれを実際に計画的に実践していることがすごい。

また商店街の活性化を目的とした事業ではなく、商店街に人を如何に「住み着く街」に再生させること。居住者を取り戻すことを考えて考えて考え抜いたという。

現在、つくば市の駅前などは、マンションばかりが乱立しているというが、ちょっと見方を変えれば、マンションが問題ではないかもしれないとも考えた。住み着いた人々のその周辺に、回廊して歩けるようなスペースがない、楽しめるスペースエリアが無いだけかもしれない。そして、それを実現するための「土地問題」の解決方法として、「土地の所有権と使用権の分離」に行きつき、それを実現しているのが、まさに丸亀町商店街ともいえる。

土地の所有者は、自分の土地を共同で作った街区組合に定期借地権60年の契約を結ぶ。これにより、土地の所有者は、土地の使用権を失うことになる。その代わりに、街区組合と組合が出資したまちづくり会社『高松丸亀町まちづくり㈱』が、土地の使用権について総合的にプロデュースしながら、まちづくりを進めていく。

高松丸亀町まちづくり株式会社は行政からの出資比率を5%とした民間主導型の第3セクターです。イニシャルコストについては行政の支援を一部受けていますが、ランニングコストは自主財源で賄うよう収支計画を立てています。利益については地元へ還元することを目的としており、従来の企業デベロッパーと異なります。このような民間主導型の市街地再開発は、全国でも初の試みです。

また、街区ごとに、ドーム広場&ブティック街。アートカルチャー街。ファミリーカジュアル街。美・健康・ファッション街。とゾーニングしてまちづくりをプロデュースしていく。

さらに、重要なキーワードは「前例主義に拘らない民間主導、成功例ではなく失敗例から学ぶ」。また「住宅整備とテナントミックスは車の両輪」。衣食住ではく「医・食・住」がキーワード。

とにかく現場にいくと、人がとにかく歩いている。単純なことだが、楽しみながら、歩いている人々が多くいる。とても印象的だった。

とにかく今回の商店街は、必見だ。つくば市でもこの成功事例を参考にする必要が必ずあると感じた。ぜひ、皆様も一度、高松へ。


行政視察 神戸市の新「危機管理システム」

行政視察 第2日目 神戸市の新「危機管理システム」の導入について

2日目は、神戸市の危機管理室へ。阪神淡路大震災から25年が過ぎ、自然災害が多発化する現状を見据え、迅速な避難情報の発令などの要請によりオペレーションが複雑化してきている。昨年度(令和元年)より、新しい「危機管理システム」導入の運用がスタートしてその概要の研修をうけました。

新システムの主な機能は、下記の通り

1.情報共有機能

  各地の被害状況をシステムで即時に「連携・共有」を行う。

2.判断支援機能

  GISの地図を活用し、早期の意思決定が図られ、避難勧告・指示などの発令判断支援を実施している。

3.一括情報発信機能

  「ひょうご防災ネット」「Yahoo!防災速報」等の各種媒体に対して情報発信を可能とし迅速かつ的確な情報発信を実施している。

実際に、危機管理室にある大型ディスプレイと作戦テーブル(65型)の連動作業を見させていただきました。

また神戸市消防局、消防新管制システムの見学もさせていただきました。

1日の119番の通報状況は、 1日あたり354件

この通報対応にどのように対応しているのか詳細な説明を受けました。

神戸市は阪神淡路大震災の被災地。現在もその記憶を忘れてはならない。自然災害からどのように身を守るか?

現在も昨年の台風19号の支援に神戸市から福島市へ人員を送って支援活動をしているとのことでした。

備えあれば憂いなし。つくば市においても強い防災意識をもって、引き続き取り組んでいかなければならないと感じました。


行政視察 吹田市サッカースタジアム

会派・自民つくばクラブ・新しい風の行政視察。第1日目

大阪府吹田市のサッカースタジアム建設についてが視察先。ご存知、プロサッカーの「ガンバ大阪」のメインサッカースタジアム。スタジアム建設費を全額寄付金で建設したスタジアムとして有名だ。

 建設資金の内訳は、次の通り。

 法人募金 721社         99億5019万円

 個人募金 34,627名        6億2215万円

 助成金  JSC・国交省・環境省 35億1,333万円

 総合計             140億8,567万円

「国等に対する寄付金の確認」を利用し、『スタジアム建設募金団体』が140億の資金を集めて、建設費用をすべてを調達した。スタジアム建設後は、吹田市へ寄贈。運営は、50年の指定管理者制度で、㈱ガンバ大阪が運営している。

収容人数:40,000人(JFA Sクラス)。㈱竹中工務店の施工によるもの。

スタジアムの特徴は、太陽光発電やLED照明ナイター照明を仕様で、環境に配慮したもの。ヨーロッパスタイルで観客席が試合場と近距離で臨場感があふれるスタンドも特徴だ。吹田市の災害用備蓄倉庫の設置と救援物資配送センターの役割もあり、地域防災拠点にもなる。避難所としては、短期滞在は800人・長期滞在は300人を想定している。

スタジアム完成後の活用については、周辺スポーツ施設と連携した健康増進拠点やガンバ大阪のノウハウと周辺大学・医療機関と連携したスポーツプログラムの提供が活発に行われており、健康増進拠点にもなっている。大規模イベント開催や環境教育の発信の場として、地域交流拠点の役割も大きい。

つくば市の高エネルギー加速器研究機構の南側未利用地についての議論が今後大きく注目されているところで、寄付金による資金調達の方法や50年の指定管理者による維持管理業務のノウハウはとても参考になるものだ。

6年前は、300億の運動公園基本構想に反対票を投じた我々だが、その決断は間違ってはいなかったのではないかと思った。もちろん、同じ事例をつくば市で展開することについての比較検証はとても難しいとは思うが、すべてを公共投資として税金で賄う方法以外に、寄付金だけでも、実現できる事例を参考にできたことは、収穫が大きいとも思った。

もちろんメインの民間資本・Panasonic(パナソニック)の実大なる寄付の大黒柱がなければ実現できないことも事実だ。このような事業実現には、実際には多くの困難があったことも聞くことができた。

運営方法についてもまだまだ発展途上のこと。ガンバ大阪が強いサッカーチームとして継続していかなければならないことも、指定管理を運営する上でも、重要なポイントだ。

つくば市でもスポーツ関連施設を「期待を持って、夢を持って作ろうではないか!」と改めて思った。


本を購入。

実は、前からそう思っていたのですが・・・。その本当の真相を追求したくて・・・。ついに購入しました。確かに日本の借金は、1100兆円。この金額を知れば、財政破綻しないほうがおかしいと思う。でも、その債権者は、日本国民。しかも国債を日本人が購入しているということは、「すぐに返せ」とは言わない債権者だ。すぐに返せとは言わない債権者とは、私が考えるには、未来の子供たちが債権者ともいえると考える。借金の質が、他の国の借金とは違うように感じる。実は、事実として、財務省が「日米などの自国通貨建て国債のデフォルト(債務不履行)は考えられない」と公式文書を出していることを多くの国民は知らない。これは、要約すると『日本政府が日本円の借金で財再破綻することはありえない』ということだ。財務省自ら認めている。この本で、その理論の奥底まで、追及してみようと思っている。


国政について(箱根駅伝を見ながら)

おはようございます。箱根駅伝の2日目を見ながらの政治コメント。久しく国政についてカキコしていなかったので、少し所見を。

私自身は、市政のことが最大の関心ごとだったので、国政のことはニュースの見出ししか見ていなかった。桜を見る会の内容も正直よく理解していない。たぶん、その運営についていろいろ指摘があって、野党がワイワイ騒いでいるのだろうという印象だった。しかしながら、桜を見る会で解散まで追い込むことなのかどうか??野党の本来の仕事とは何か?国会議員としてもっと重要なことは、全世代型社会保障制度、日米貿易協定、ホルムズ海峡への自衛隊派遣、香港支援の国会決議や北朝鮮への脅威、数えだしたらキリがない案件の議論を国会で蔑ろにしている。安倍批判はもちろん全然問題ないが、質問者の急先鋒の野党の質問は、ほとんどが単なる安倍批判のみに見える。真摯な議論が見えてこない。

先日、台風15・19号による被害者支援の募金活動をつくば駅前でやっていた時も、ある市民が私に「安倍総理の内閣改造(台風の被害の時に内閣改造をしたことに批判があったようで)」について意見を求めてきた。やはり安倍内閣に対する批判は多いのだなあとの印象はかなりあった。しかしながら、現在の政治状況で、他に任せられる人がいないのが、私の実感だ。朝鮮半島の政治状況は韓国の政治体制が今後、北朝鮮よりになっていく場合は、日本を取り巻く危機はより高まってくる。今の韓国はとても民主主義の政治体制を選択していない。むしろ民主主義と法治国家を無視して(歴史の嘘を続けて、また国際法を無視することも続けている)、全く真逆の政治体制に進んでいると感じる。それほどまでに、韓国の大統領は北朝鮮寄りの主導者なわけだ。

韓国が北朝鮮と融和されれば、朝鮮半島自体は、中国またはロシアも含む、旧社会主義の政治体制寄りになる。日本はアメリカの傘の下で、安全保障を維持しているわけで、そのアメリカでさえも本当の安全保障を継続しているかどうか?安倍総理がアメリカとの駆け引きで継続は続いているものの、アメリカはいつでも「アメリカンファースト」を優先するかわからないわけで、そうなれば、憲法改正をして、日本自身が自国を守る指針をしっかりと決めなければならない。まさに日本の危機は高まっていると感じる。

この日本の危機をしっかりと国民に伝えるべき人は、実は、国会議員なのだ。与党も野党もしっかりと議論してほしい。自民党の中の憲法改正に否定的な人は、いったいどんな気持ちで与党として活動しているのか?自民党の中にも似非保守がたくさんいるように感じる。保守合同の背景は、社会党が結集したことによっての危機感から出、当時、保守は犬猿の仲で分断していた。それを乗り越えて自由民主党が結党された。その時の自民党の結党時の党是は、憲法改正、専守防衛などの基本理念に基づいて結党されたはずだ。

戦後の経済優先によって、憲法改正などが後回しされた故に、今まで、憲法改正の議論は、一向に進まなかったわけで、70数年を経て、ようやく今では当たり前のようになってきたのに、国会で議論をしないのは如何なものだろうか?しかも日本の取り巻く外交上の危機は高まっているのに?与党も野党も国会議員として甚だ情けないとも感じる。

昨年末、中曽根康弘元総理が亡くなったが、憲法改正を訴えていた政治家としても評価している。しかし、自身が総理になった途端、声を潜めてしまった。安倍総理は、多くの批判はあっても、未だに、現役総理として、憲法改正を訴え続けている戦後初めての総理と言える。私はそれはしっかりと支持したい。

桜の見る会での批判は、多くが税金の無駄遣いを指摘しているのだろう。でも私は考える。国会議員としての議論を蔑ろにしている議員がこれほどまでに、多くいる現実がまさに税金の無駄遣いなのではないだろうか?別に自民党与党を擁護しているわけではない。野党の中でも、議論を逃げない政治家であれば、是非とも評価したい。

私自身もはからずとも、地方議員として、活動しているが、私も議論を蔑ろにしてしまうシーンは多々ある。否定はしないが、すべて完璧でいないことも事実。後から時間がたつと「ああ、あれはこうすべきだった」とも。そんなシーンがたくさんあるのも事実。

地方議員も国会議員も真摯な議論に邁進しよう。それが一年の計でもある。所信でもある。

今日は、国政についてコメントしてみました。

投稿一覧


2020年。令和2年。元旦。新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。

今年もよろしくおねがいいたします。

恒例の筑波山登山。初日の出を見にチャレンジしました。

一年の計は元旦にあり。しかしながら、いくら考えても、私の場合は計っても予定通りには進まないように感じます。
昨年はまさにそうでした。

今年もどんな道を進むのか?ちょっと不安なところもあるのが正直なところです。

初日の出を見に、朝4時ごろから筑波山山頂を目指しました。真っ暗な登山道を1人歩くのはとても辛かった。運動不足を痛感しました。慢性的な腰痛と呼吸機能の低下かさらにネガティブさを増していきました。

しかしながら、しっかりと休憩して焦らずゆっくり、無理せずに自分のペースで女体山の頂までたどり着けました。

長男の友達グループと合流して筑波山神社にておみくじと甘酒と大判焼きをたしなみ、大御堂に新年のご挨拶。

帰宅して今まで爆睡でした。

さて、今年はどんな年になるのやら。
会社も議員もそして選挙の年でもあります。人生って、ラグビー🏉ボールを拾っては走り、また落としたら拾っては走る。ラグビー🏉ボールはどのように転がるか?予想つきません。試練、困難、災難があり、辛さもありますが、逆に言えば楽しさ嬉しさもあるかもしれません。

災がある事を有難しと思うように、今年も感謝の気持ちを忘れずに進みたい。

今年も初心を忘れずに。皆様、ご指導の程、よろしくおねがいいたします。