横須賀市へ行政視察に!)

昨日は、つくば市議会の議会活性化推進特別委員会で、横須賀市へ行政視察に行きました。

つくば市議の議会では、現在、予算・決算委員会の設置に向けた検討を進めている。横須賀市議会の事例を調査研修するために行政視察となった。

簡単に言えば目的は予算審査と決算審査の総合的かつ一体的な審査を行うように、議会運営の在り方を変えていこうということだ。現在のつくば市議会は、分割付託による審査方法をしている。
主な効果は下記の通りだ。
1. 分割付託解消による円滑な議案審査の実現
2. 同一議員が予算決算審査を行うことによるチェック機能強化
3. 議案採決を行う本会議の開催時間減。
などなど。

今回の視察を鑑みて、次に、執行部に丁寧に議会改革の試案を提示して意見を聞くことが必要になると思います。

焦らずじっくりとしっかりと粛々と進めていきましょう。

Share