熊本の豪雨被害について

地元の政治的な背景の詳細を把握しているわけではないが、このニュースを見た感想。

はやりダムは必要だったのではないか?蒲島知事は「ダムに頼らない治水対策を」と言うが、民主党の脱ダムで、ダム中止を背景に知事選挙を戦ったのだろうと拝察する。

今回の被災は、予見されたはずのなんとも虚しい大災害だ。これこそ人災だ。

知事も当時の民主党も、責任は重い。

蒲島知事のコメントでは、「ダム中止を選んだのは有権者」だと言ったとか?

失敗したら有権者の所為だ。政治家としては、言ってはいけない言葉だと思う。

早急に全国に最善の洪水対策、治水対策を徹底的に検査確認して、これに国家的にも大きな予算を思い切ってかけるべきだと思う。

財源は国債でいいではないか。

躊躇する必要はないはずだ。

h

Top