増税について

消費税増税を延期することに、話題が出ています。

個人的には、今、やるべきか?疑問に思っています。私がこんなコメントをするものだから、3月のつくば市の議会では、共産党が『消費税増税の中止を求める意見書』を提出してました。私が意見書に賛成するかのように、上手い誘導していましたが、実際には、意見書には反対しました。

消費税は、景気が良く過熱気味な状態であれば、増税しても良いと考えます。しかも現在の安倍内閣が予定している案は、いわゆる公明党案です。複雑になり、国民にとって混乱が起きるので、反対ですね。公明党にゴマすっているわけです。アクセルとブレーキを同時に欠けていては、本体がおかしくなると思います。

景気動向を敏感に感じて適切に判断した方が良いと思っています。

まだまだ日本の景気は良くないのが実感ではないかな?第1に地方経済がもっと景況感で過熱気味な状態になれば上げて良いのではないかと思いますが、果たして今がそんな状態でしょうか?

もともと消費税増税は、当時、民主党の野田内閣が掲げて、衆議院議員の定数の改善とセットで、自民党と公明党で、3党合意されたもの。野田内閣は解散総選挙して、敗北。政権を奪還した自民党・安倍内閣が野田内閣の増税案を継承しているわけです。延期をしましたがね。

基本的にこれが正解な現状把握だと思います。

バラバラになった当時の民主党の方々が、増税反対の連呼で安倍批判をのうのうとしている姿は、まさに滑稽です。どのツラ下げてもの言いをしているのか?相変わらずの無責任な野党の国会議員には呆れます。

延期するにしてら、解散総選挙に打って出る。信を問う。良いのではないかと思います。

さて安倍晋三総理はどんな判断をするのでしょうかね?注目です。

活動報告バックナンバー

Share