クレオ問題(全員協議会が開催)

今朝の朝刊。見出しには、~【クレオ再生問題】市の関与に賛成84.4%~

~以下、新聞の内容を抜粋~

つくば駅前商業施設クレオの再生問題で、つくば市議会全員協議会が18日開かれ、五十嵐立青市長は市民アンケート結果を発表した。有効回答数1769件のうち「まちづくり会社に市が出資してクレオを再生を図ることに賛成」と回答した市民が1493件と84.4%を占めた。「市場動向に任せ市が関与することには反対」は276件と15.6%だった。

 

一方、市は、アンケートなどで市民の合意が得られれば、10月下旬に市議会臨時議会を開き、20億円の出資の是非について諮りたいとしていた。五十嵐市長は議会に諮る日程について「まだ確定していない」としている。

 

アンケート結果について五十嵐市長は「無記名でとった前回(7~8月)より多い。1000件を超えると統計的に有意」だと述べた。市HPで実施した前回は1242件の回答があり81.7%が「市が関与すべき」と回答した。今回も前回とほぼ同様の結果となった。

 

回答者の内訳はクレオのある学園地区が55.5%。次いでTX沿線地区が11.2%、谷田部地区が9.7%、桜地区が8.6%など。前回と同様、中心地区が多く、周辺地区は回答者が少なかった。回答方法は市HPが71.8%を占めた。~~~

 

~~~。

 

昨日は、つくば市議会で全員協議会が開催されました。五十嵐市長よりクレオ再生問題についての報告がありました。

 

いつも思うのだが、報道が正確に事実を伝えているのか?と思うときがある。新聞の見出しだけ見てしまうと、「つくば市民の84%は、クレオ再生には市が関与することに賛成だ」と事実として思うだろう。しかしながら、このアンケートというのは、市民の声を正確に把握しているとは言えない。これは白紙撤回になった総合運動公園整備計画の時も同じだった。つくば市の人口は約22万7千人。有権者数は約18万人。今回のアンケート調査の回答者数は1,800人弱。今回のアンケートに参加している割合は、つくば市の人口の0.8%しか回答していないのだ。有権者数を分母にしても1%に過ぎない。その回答の中の8割が賛成ということだ。ところが新聞の見出しには、~【クレオ再生問題】市の関与に賛成84.4%~と出てしまうと、誰が見ても、つくば市民の8割が賛成なのだと捉えてしまうだろう。

 

昨日の全員協議会の中でも、五十嵐市長がアンケート調査について、いろいろ述べていたが、

しきりに賛成が多いとの説明だった。

 

私の認識では、つくば市民のアンケートに答えていない残りの99%の人々の認識はどうなのだろうか?こちらのほうの民意をどのように考えるかなのだろう。もちろんアンケートに答えた1%の方の民意は今回のデータでしっかりと分析できることは言うまでもない。

 

このようにアンケート結果を百分率でしっかりと分析してみると、1%は少数。99%は多数だ。つまりアンケートに回答した1%の「8割の賛成派」は、つくば市全体では、少数派になる??なるとは断言できないが?事実そしては少数派と言えるだろう。

 

さて問題はアンケートに答えていない99%の人々は、どのように考えているのか??ということだと思う。

 

この99%の民意をどのように把握するか?または誰が眠っている(回答しない)意見を引き出すのか?当然、この役割をするのが議員だ。選挙で選ばれた議員だ。現実には、我々のような議員が民意を代弁する立場。またその役割をするのが仕事ともいえるだろう。

 

昨日も五十嵐市長もマスコミの取材にも「選挙で選ばれた議員の方々に理解が得られるように説明する」とコメントしている。また議会に諮るか?もしくは否か?も明言していない。

 

私の所感を述べます。

 

今回のクレオについては、所有者の筑波都市整備㈱は「12月までが売却期限」と市長の説明でも述べている。議会でクレオの案を諮るとしても、12月定例議会では、間に合わないだろう。つまり臨時議会を開催する必要があるわけだ。議会の過半数以上の賛同が得られなければ、おそらく市長も臨時議会は開けないだろう。反対が過半数以上いたとして、わざわざ否決されることがわかっていて臨時議会を開くことはありえないからだ。

 

そして市長の案では、20億の出資、また街づくり会社の設立などを表明しているが、会社設立や銀行融資の21億円など、通常、私などが会社を経営する上での銀行に融資申し込みや融資が確定する検討期間を想定すれば、とても筑波都市整備㈱と売買契約を交わす「買主」として、成立すること自体が間に合うわけがないわけで、この時間的欠陥だけでもとても非現実的な話だと考えている。

 

実際に、市長の答弁でも新たに設立するまちづくり会社の代表者を誰がやるのか?または、出資比率の質問に対しても、答えられないのが現実だった。そもそもそのような重大なことを説明できないこと自体が、この案件の不完全さを露呈している。

 

しかも少なくとも20億余りの税金の使い道の賛否をする我々議員の立場になってもらいたいが、とても決議する条件としても成り立たないわけだ。

 

基本的に私は反対だ。

 

五十嵐市長の構想やコメントしてる中心市街地の問題意識は、すべて否定するものでもない。当然、賛同するところはあるわけだが、現実は、厳しいわけで、その認識は市長にはしっかりと考えてもらいたいと思う。このクレオ問題がつくば市の最大の懸案課題ではないはずだ。他にも周辺市街地の問題は山積みで、高エネルギー跡地の問題や廃校された学校跡地の問題。他にも税金を投下して解決しなければならない山積み問題もたくさんある。

 

「文盲像をなでる」という言葉があるが、大局的な全体像を把握して、冷静に一つ一つの問題を解決している確かさを今一度確認する必要があると考える。

 

私の昨日の感想をコメントしてみました。皆様のご意見を是非、お寄せください。

 

文責 五頭泰誠(久しぶりにTV出演??白髪がかなりあることにびっくり)

活動報告バックナンバー

Share