憲法改正についてのお話

<iframe src=”http://www.youtube.com/embed/kPtdnakqc08” height=”315″ width=”560″ allowfullscreen=”” frameborder=”0″></iframe>

大事な議論ですね。

<iframe width=”560″ height=”315″ src=”http://www.youtube.com/embed/cB4TbAWQUQc” frameborder=”0″ allowfullscreen></iframe>

議論の内容が濃いですね。

<iframe width=”560″ height=”315″ src=”http://www.youtube.com/embed/6orMg79e4sY” frameborder=”0″ allowfullscreen></iframe>

憲法は「国民」にわかりやすくなければならない。「まだあの憲法を使っているの?」

<iframe width=”560″ height=”315″ src=”http://www.youtube.com/embed/-ptH4mGqnRo” frameborder=”0″ allowfullscreen></iframe>

「前文」の問題点。「立憲君主国」。日本の国柄を明記する。権利を主張するばかりではなく、義務と責任を明記する。義務条項を!教育勅語の重要性。

五箇条の御誓文(ごかじょうのごせいもん)とは、慶応4年 (明治元年) 3月14日1868年4月6日)に明治天皇(満15歳)が公卿諸侯などに示した明治政府の基本方針。正式名称は御誓文であり、以下においては御誓文と表記する。

教育勅語

教育勅語は、明治天皇が首相と文相にみずから与えた勅語であり、文中では「爾臣民」(なんじしんみん)、すなわち国民に語りかける形式をとる。まず、歴代天皇(皇祖皇宗)が国家道徳を確立したと語り起こし、国民の忠孝心が「国体の精華」であり「教育の淵源」であると規定する。続いて、父母への孝行や夫婦の調和、兄弟愛などの友愛、学問の大切さ、遵法精神、国家に危機が迫ったら国と天皇家の為に尽くすことなど12の徳目(道徳)が明記され、これを守るのが国民の伝統であるとしている。以上を歴代天皇の遺した教えと位置づけ、国民とともに天皇自らこれを守るために努力したいと誓って締めくくる。

これは、西洋の学術・制度が入る中、軽視されがちな道徳教育を重視したものである。もちろん、西洋文明にも宗教(キリスト教)を背景とした道徳教育は存在するが、それを直接日本人に適用するわけにもいかず、かといって伝統的に道徳観の基本として扱われてきた儒教仏教を使うことも明治政府の理念からすれば不適切であった。このため、伝統的な道徳観を天皇を介する形でまとめたものが教育勅語とも言える。こうした道徳観は、伝統的な儒教とは異なるものであり、江戸時代水戸学及び明の朱元璋の発表した六諭からの影響が指摘されている。

 

 

 

Top