憲法記念日

昨日は憲法記念日。不磨の大典と言われて、なかなか変えられない憲法を記念して69年目ということになる。祝日としてお祝いするような気分には、とても言えないKYな現状と言える。もっとも70年間を通して、憲法改正と何も不自然なく言えるようになったのは、安倍総理になってからのここ数年だ。

日本の社会は物静かな多くの人々(サイレント・マジョリティ)に支えられています。憲法改正の議論も、サイレント・マジョリティにきちんと意思表示をしていただなければならないと私は感じています。政治家である私達議員の役割は、正確な情報提供をして、一部の大声で騒ぐ人々(ノイジー・マイノリティー)の情報錯乱に惑わされない議論展開を粛々と積み重ねていくことです。

昨日のニュース新聞でも、野党の民進党の岡田代表は『参議院議員選挙の争点にならない。安倍内閣の元での憲法改正に反対する』とコメントしています。

野党第1党の民進党が憲法改正の議論に参加しないとの意思表示をしています。安全保障や大災害時の法整備が必要な現状で、現行憲法では対応しきれないはずなのに、民進党はその議論さえも乗ってこない。無責任な対応と言えます。

夏の参議院議員選挙では、与党で3分の2以上を確保して勝利しなければなりません。これはなかなか厳しい目標です。選挙はいつも厳しい。しかし、物静かな多くの人々(サイレント・マジョリティ)は必ずきちんとした良識ある判断をしてくれるはずだと思います。それを信じて頑張ろうと思います。

Top