さくら会 新年会

今夜は、さくら会の新年会。

これは、つくば市の旧桜村の中の建設業界の業者さんが集まって開いている新年会。昔よりは、参加者が少なくなったとはいえ、なんだかんだと参加者が30数名以上参加。会長の大津さんからのご挨拶のコメントにもあったとおり、こうして一年に一度、桜地区の業者さんが一同に懇親を深めることは、とても重要なことでもあります。

私も地元の市議ということで、参加させていただきました。といっても、大津会長さんからは「同志」というご紹介をしていただきました。ほんとに恐縮で、身も心にも沁みるありがたいお言葉をいただきました。

県議会議員の鈴木まさし県議も来賓で参加をいただきました。鈴木県会も私も挨拶の中に、昨年の県議会議員の選挙と衆議院の解散総選挙の話に触れさせていただきました。また鈴木県議においては、本日、茨城県議会の臨時議会においての新しい議長と副議長の就任の報告がありました。
新議長は、細谷典幸県議(稲敷郡)。副議長は、??あれ??誰だったかな?明日、確認しておきましょう。

私もつくば市議としてのご挨拶をさせていただきました。昨年のW選挙で国民は、結果としてアベノミクスの継承を選択したことになりました。しかし、今後の地方の再生および創生は、国政レベルだけ実行するだけではないこと。地方創生というからには、地方の私のような議員にも、どのように地方の経済再生の道筋をつけるかは、それなりの責任があるわけで、国政と地方の政治が一体となった活動が必要だ!とお話をさせたいただきました。なんとしても「地場産業育成」をつくば市の施策にも、具体的にあらわになるように今後も活動をしていきたいと、お話もさせていただきました。

懇親会では、つくば市の市政の話もいろいろ質問をされました。12月の議長選挙の様子や新しい委員会の構成など。また、入札制度や契約のあり方についてもたくさんの方から、貴重な意見をいただきました。「桜地区も昔はいろいろあったが、こうして年に一度でもいいから、懇親を深める会があることは、非常に大切なことだ。いろんな政治局面があっても、是非、若い人にはそんな意識をもって、続けて欲しい」との意見が多く出された。正直な話、県議選挙では、保守系の方は、さくら会の中でも、飯岡さん・鈴木さん・星田さんと、それぞれ分かれて3人を応援した人はいましたが、今日のように、またさくら会として、懇親を深めて宴会ができるということが、非常に大切なことだと改めて思いましたね。これは皆さんまったく同じようなコメントをしていたことが、とても印象的でした。

最後は、若いメンバーで、久しぶりの二次会へ。二次会もなんだかんだとくだらない男集団の飲み会になりましたが、楽しかった。面白かった。久しぶりに腹を抱えて笑いました。

また今年一年もいろいろなことがあるでしょうが、さくら会のメンバー全員一致団結して頑張っていきましょう。今年もよろしくお願いいたします。

Top