行政視察 第3日目

行政視察 3日目。

札幌市の資生館小学校「都心部子ども関連複合施設について」視察研修しました。
・ドーナツ化現象による都心部4小学校の児童減少に伴い、学校統合による適正規模化(資生館小学校)
・子供が安全で健やかに過ごす場の地域要望(ミニ児童会館)
・全市的に利用可能な保育園の設立(保育園)
・少子化現象対策の一環として、子育て支援事業の具体化(子育て支援総合センター)
・0歳児から児童期までの一貫した子育て支援
・地域コミュニティ―の再構築をめざし地域に開かれた施設づくり
施設概要や建設の経緯、運営の枠組みや維持管理費の各施設負担など説明いただきました。保護者、同窓会、地元町内会関係者などを対象とした説明会を70回余開催し平成13年臨時議会にて可決。


質疑後に施設内を案内いただきました。つくば市の小中一貫教育や秀峰筑波義務教育学校についても話す機会となりました。天然芝のグランドで元気に遊ぶ児童達。室内温水プールが2階にあり、体育館は地下一階にあります。メモリアルホールには統合前の各小学校の品々が飾られていました。総工費約40億円。
会派の視察では、視察以外の市政に関する話を共有する大切な時間です。

Share