行政視察 第3日目 新潟県糸魚川市 フォッサマグナミュージアム

糸魚川市は、人口は、45,025人。面積:746.24㎢。

糸魚川市は、新潟県の最西端に位置し、南は長野県、西は富山県と接しています。
 市域には、中部山岳国立公園と妙高戸隠連山国立公園、親不知・子不知県立自然公園、久比岐・白馬山麓県立自然公園を有し、海岸、山岳、渓谷、温泉など変化に富んだ個性豊かな自然に恵まれています。
 また、森林資源やヒスイ・石灰石等の鉱物資源や水資源など地域資源が豊富で、フォッサマグナについては日本列島生誕の謎を秘めた世界的な学術資源となっています。

平成27年11月、ジオパークプログラムがユネスコの正式事業とされたことにより、日本初の世界ジオパーク「糸魚川ジオパーク」は、「糸魚川ユネスコ世界ジオパーク」に生まれ変わりました。

糸魚川市においては、2016年(平成28年)12月22日、大火災が発生した。昼前に、中華料理店のコンロの消し忘れが原因で発生し、翌日の夕方の鎮火まで約30時間続いた火災。焼損範囲は、すなわち糸魚川駅北側から日本海沿岸まで南北方向に大きく広がった。糸魚川市の火災は、災害救助法が適用された大規模火災になった。

予算規模:約299億円。

糸魚川市の議員定数は、20人。

議員報酬:議長 38.7万円。副議長 31.9万円。議員30万円。

市長 107万円。副市長 89.3万円。 

政務活動費 月額15,300円。(会派に対して交付する) 

つくば市もジオパークには積極的に取り組んでいる。筑波山地域ジオパークは、つくば市、石岡市、笠間市、桜川市、土浦市、かすみがうら市の6市がテリトリー。テーマは、「関東平野に抱かれた大と湖 ~自然と人をつなぐ石・土・水~」

2016年に日本ジオパークとして認定された。

ジオパークは、世界遺産に比べて、認知度は低い。世界遺産は一度認定されると取り消されませんが、ジオパークは、4年ごとの認定が必要になります。2018年に茨城県の「茨城県北ジオパーク」が認定を取り消されたことがあります。認定取り消しの主な要因は、「持続可能な運営体制が構築していない」または「関係者の連携不足、運営体制の脆弱」などが指摘されています。この反省もあり、筑波山ジオパークも次回の再認定には、課題を克服する必要があります。

フォッサマグナミュージアムでは、糸魚川ユネスコ世界ジオパークの運営拠点になる施設だ。協議会の学芸員の茨木さんより、主な運営の方針説明を受けた。筑波山ジオパークと比較すれば、ランクが上位の優先事例だが、課題克服の共通点は、かなり類似点が多い。参考になる。

展示会場のアナウンスに、フォッサマグナが海底だった経緯に、自然環境の大きな力を感じて、しばし感嘆してしまいました。とても素敵なところです。時間がたっぷりあれば、半日くらいはいても飽きない場所です。またヒスイの鑑定に行列ができるほど多くの方が来訪していたのも興味深かったです。糸魚川市は大きな自治体ではありませんが、大火災の復興とジオパークの活動に町全体で必死になって活動しています。また個人的にも来訪したい街でありました。

Share

行政視察 第2日目 富山市 グランドプラザ

都市空間を「広場」に変える ~ 建築経緯と立地 ~

以下に、研修のメモ書きを参照ください。

富山市の総曲輪南地区での再開発事業。

グランドプラザ活用委員会。市民代表として2名のイベントプランナーを参加させる。

『まちなか広場』としての在り方が話し合われ、建物ではなく、うまれるアクティビティを主役にするという方針が確立される。

「都市の一等地をバックヤードにするのはもったいない。」という所見が示され、屋根付きの広場が発案される。

事業主体:富山市  設計者:(株)日本設計 

事業費:15.2億円。(まちづくり交付金 8.9億円)

施設内容:約1,400㎡(65m×21m)  天井高:19m

平成19年9月17日 OPEN。

屋根を再開発ビルの柱から吊り下げる。広場上空を通る2個所の連絡通路。

昇降機舞台 6m×6.5m 高さ3.5mまで(任意の高さで調整可能)。最大積載量 10t。

約3億円。

大型ビジョン 約1億円。

モバイルグリーン(昇降式部隊内のエアコンプレッサーにより、人力で広場内を移動可能。)

5基 約1億円。

ミスト装置設備事業。音響設備設置事業。市長の提案で。

開設から2年間は、富山市が直営。3年目からは、指定管理者制度にて、(株)市民プラザが運営。

使用料収入(年間約1,300万円) 市からの補助金:3,000万円。

専用使用 広場を占有して行うイベントなど。12,000円~200,000円

行為使用 移動販売車、パフォーマンスなど。1,200円 ~ 5,000円

稼働状況は、平成30年まで増え続けている。年間391件。

つくば市には、はっきり言えば、中心市街地に商店街エリア、市民が集うエリアが実際には、民間の大型ショッピングセンターだけで、無いといってもよい。

そういう意味では、つくば駅前のエリアなどに、富山市のグランドプラザと同様な屋根付きの市民広場は、あるべきともいえる。

先日のアイアイモールの視察でも感じたことだが、つくば駅前の課題は大きい。今回の視察先のまちなか賑わい広場のような場所をつくば市でも、是が非でも、創出したくなったことは事実だ。

会派の中でも、もっとあれやこれやと議論が噴出。

富山市のグランドプラザは、開業以来、多数のまちづくり関連の賞を受賞している。

昨日も気にはなっていたのだが、富山市のまちづくりには、市長のリーダーシップがまちづくりの節々に見え隠れして、コンパクトシティの構築に大きな影響を与えている印象だった。

まちづくりは、アイディアももちろんだが、力強いリーダーの出現が大きなカギを握ることは間違いないと感じました。

Share

行政視察 第1日目 富山市 富山ライトレール(株)

富山市は、人口は、415,904人。面積:1241.77㎢。

一級河川:常願寺川 延長約52㎞  神通川 延長約46㎞

富山県の県都・富山市。「くすりのまち」として、薬業をはじめとする産業と県都である都市機能、多様な文化と歴史を持つ、日本海側有数の中核都市として、発展を続けています。公共交通沿線に充実・集積した「コンパクトなまちづくり」を推進しており、全国初となる本格的なLRT「富山ライトレール」や市内電車の環状線化をはじめとして、公共交通の活性化、その沿線地区への居住推進に積極的に取り組んでいる都市であります。

予算規模:約1,568億円。

加賀市の議員定数は、38人。

議員報酬:議長 71万円。副議長 64.5万円。議員60万円。

市長 107万円。副市長 89.3万円。 

政務活動費 月額15万円。(会派に対して交付する) 

交際費(年額) 議長90万円。市長 180万円。

以下に、研修のメモ書きを参照ください。

富山ライトレール(株)は、第三セクターの会社。平成15年 市長が路面電車化を表明。平成18年開業。平成27年には、起動運送高度化実地計画の変更認定。上下分離式の公設民営。車両及び軌道施設を富山市に移管。鉄道車両から全低床車両。

運賃は、200円均一。開業、1年間は、100円。

延長は、7.6㎞(軌道1.1㎞ 鉄道6.5㎞)。停留所13。ダイヤは、15分間隔の運行サービス。

公共交通の維持・運行・支援などに関する富山市からの予算額は、8億320万円。一般会計の約0.5%、義務的経費以外の経費の約1.1%。

富山市の公共交通政策の要は、やはり市長の提言によるものがかなり大きいと感じました。4期にわたる長期政権ではありますが、その実績も評価されるものかと。LRT導入の経緯をお聞きしても、市長のアイデアがたくさん取り入れられているお話を聞くこともできました。もちろん、それだけではないのだろうが・・・。

つくば市にも駅から筑波大学もしくは、病院群の周辺までは、LRTクラスの公共交通機関はあってもいいのではないかと感じます。LRT整備については、小久保貴史会派代表議員の強い思い入れも感じました。会派としても、政策実現に必要な材料を多く吸収できたのではないかと感じました。


Share

全国道路標識・標示業協会 通常総会

昨日は、全国道路標識・標示業協会 通常総会に参加しました。

私の会社の業務内容は、交通安全施設業。主に道路に付帯している安全施設を設置する会社です。道路標識、防護柵、反射材、滑り止め舗装、道路標示(ライン・塗装)などを主に、販売、企画、施工するのが業務内容です。

デフレによる部材単価の値下がり、労務費、分離発注など、私共の業界の長年に渡る諸問題を全国的に課題提起して、その改善要望活動や陳情などを全国組織として活動してきた。

平成9年(バブル期)をピークに、予算減少、労働賃金の値下がりなど、建設業界にとっては、逆風が吹き荒れていたわけだが、悪夢のような民主党政権の「コンクリートから人へ」の政策の大失敗や、東日本大震災の影響もあり、我々建設業界に対する社会的役割が見直されました。なおかつ安倍政権のアベノミクス政策の脱デフレ政策の効果も現実味を帯びてきて、着実に少しずつではあるが、私共の要望が前進していることは事実であります。

しかし、まだなお若手人材の確保、労働者の高齢化、後継者不足、ワークライフバランス政策により、諸課題の解決には程遠い状況が続いています。

何より、人件費が安すぎます。昔は、我々、建設業界の賃金は高かった。日本の産業全体から見ても、高かった。しかし、悪しき建設業界のレッテルを社会的に貼られてから、平成9年・約19,000円がピークとして、4割以上も建設業界の賃金は下がり、約14,000円までになりました。これが事実です。

今、若い人が、建設業界に入職する希望の人が、激減しています。これが大問題なのです。IT産業やデスクワークの仕事類の賃金のほうが、割高いので、若い人は、そんな3K・「危険」「きつい」「汚い」、外働きの天気に左右される仕事を選択するはずがない状態になっています。

それには、建設業界の賃金が低すぎます。日本の産業界全体の比較をして、建設業界の賃金をもっと上げるべきです。建設業界の労働者賃金の大幅アップを実現することは、日本経済にも脱デフレに大きく寄与することになります。

ネットの仕事はどこでも仕事ができるとよく言います。建設業界はそんなふうにはいきません。地元に若い人が地元で生計を立てられるし、災害や何かが起きた時に、若い人がその地域を守ってくれます。個人主義の生活形態を優先すればそれでいいかもしれませんが、そんな社会を私は安心で安全な社会とは思いません。ましては、地方自治体は、若い人が減少していくわけですから。そんな社会から方向転換するためにも、建設業界の賃金アップは、日本の産業構造改革としても必要不可欠なのだと思います。

ライフワークバランスが巷間よく言われるようになりましたが、建設業界にとっては、かえって難題が降りかかっています。時給や日給で仕事をしている業界にとっては、かえって、時短などしたら、収入が減ってしまうことにもなるからです。週休二日制にしても、給料が下がらない賃金体系、給与基準の見直し整備が必要です。

建設業界は、公共インフラや防災の観点から、我々が日々行っている営みは、自負すべき業務です。しかし、この必要性をしっかりと国民や市民に伝えるべき政治家が、いなくなってしまいました。

例えば、「建設業界のために、労働者賃金を上げよう!」なんて政策を声高に訴える政治家は、あまりいなくなりました。特に、「しがらみのない。クリーンな政治家」を標榜する若手政治家にこの傾向は多くいると感じます。この勉強不足の議員が多すぎるので、健全な問題解決が遅れている現実があります。

公契約やそれにより行政執行が行われますが、全国的に入札の不調や工事工期の平準化など、国や県、地方自治体の市町村で、漫然な継続している課題を解決するために、何が必要なのか?問題の本質は何なのか?知らなさすぎる議員が多すぎるとつくづく感じます。

つくば市議会でも、ランダム方式の入札の導入が議会で可決されました。しかしこれが、入札の本質を大きく犯していることをしっかりと議論したとは、言い切れないと思います。ランダム方式により、入札の健全性やオープン化や、よくわからない平等性を訴えるわけです。

私は、業者の努力を反映しないランダム方式の入札は反対です。業者が積算努力をして、応札額を決定する。その価格が落札金額にならない制度だからです。

昨日の総会でも、交通安全施設業の業界の課題解決に一致団結していこうと今年の活動方針も確認されました。

私も市議会議員として、どんな行動をしていくべきか?改めて確認することができてよかったと思いました。

Share

つくば中心市街地の現地視察

午前中は、議会活性化調査特別委員会。

午後からは、あいにくの荒天でしたが、つくば中心市街地まちづくり調査特別委員会で、現地視察を行いました。

地域冷暖房の熱供給システム。 

(社)つくば都市交通センターの立体駐車場。幅員を少し広げました。

つくばセンター広場、アイアイモールの現状。

つくば市立中央図書館の概要。

近いようでも、実際は詳しく理解していなかった話も多くありました。説明を受けて、改めて全体の課題、問題を把握できました。

Share

行政視察 第3日目 石川県加賀市議会

最初に、田中金利議長から歓迎の挨拶。

平成17年の石川県内の平成の大合併。加賀市・山中町の合併。

人口は、66,869人。面積:305.87㎢。片山津温泉・山代温泉・山中温泉の3つの温泉郷があり、加賀市の観光の柱として。平成23年に北陸新幹線が、敦賀開業へ向けて工事が進む。開通予定に期待を持つ。と同時に、加賀市に新幹線を停めようという運動を展開中。YouTubeにて、新幹線に駅を誘致するための加賀市新幹線対策室を設置。「加賀停太郎」を主人公にした動画をアップしている。https://youtu.be/D05nIj57bfU

加賀市の議員定数は、18人。

議員報酬:議長 59万円。副議長 51万円。議員48万円。

市長 90万円。副市長 75万円。 教育長 67万円。

政務活動費 月額8万円。 

交際費(年額) 議長90万円。市長 180万円。

政務活動費が月当たり8万円。議員一人の活動費に対してコストが係る現状があるのでは?とのことでした。交通費がかさむ地域。しなしながら、積極的に行政視察などを行う必要性があるとのことでした。なお、つくば市の政務活動費は、月当たり3万円です。

以下には、研修中のメモ書きを表記します。

議会、本会議ライブ中継。委員会などのライブ・録画中継。傍聴を自由に参加する。

市民が参加する議会の主な活動は次の通り。

女性議会・小学校議会・中学校議会・高校生議会・議会だよりモニター員制度・議会おでかけ教室・議会モニター員制度。

議会報告会の様子。

22のコミュニティ地区。試行錯誤の連続。22のコミュニティを2年で二つに分けて開催する。一方、市長は1年間で22地区を市長との集いを開催している。運営はすべて議員が、準備、進行、片付けなど。企画・テーマなどは議会運営委員会にて決定する。

政策提案する議会へ。

平成24年 市民主役条例を制定。

平成25年 ポイ捨て等防止条例。

平成27年 地域医療を守る条例

平成29年 乾杯条例(九谷焼の地酒で乾杯する)

平成29年 災害対策基本条例

平成29年 いじめから子どもを守る条例

執行部への提言(市長への提言書)

平成29年 防犯カメラの設置に関する提言書

平成30年 柴山潟遊歩道整備に関する提言書

令和元年 一次産業の振興に関する提言書

金沢大学法科大学院との取り組み

大学院での講義。議員研修会の開催。大学院インターン

タブレット端末導入。

委員会審査の充実。

以前は、会議当日までに議員に資料が渡らず。現在は、前日までにデータ格納。所属委員会以外の会議資料も閲覧自由。

臨時会の議案配布

以前は、職員が議員宅へ持参。

現在は、データ格納のみ(予算書は会派室へ)

事務局の事務効率化

資料の大量コピー不要。資料の差し替えも即時対応可能。

全国から議会視察が増えている。

加賀市議会活性化委員会のメンバーから

タブレット導入時の議員間でのリールづくり。

なお、加賀市議会では、議員報酬の値上げ案が議会で可決されました。

今回は、加賀市議会の視察の感想は、確かにつくば市の議会改革と比較すると先進事例との印象は強かった。しかしながら、同じようにすんなり様々な改革案が導入できるか?これは、慎重に会を重ねて、進めていく必要があると改めて感じました。とかく議会改革と名前ばかりが先行して、本当に中身のある改革でなければなりません。あくまでも議会改革は、実効性のあるものを進めていくべきですね。

行政視察にいくとその地方自治体の特徴が長所も短所もあり、財政力や人口増減。経済事情、選挙区事情など様々な要素を鑑みて、その自治体の特徴、また裏事情なども聞くことができます。そんなところも行政視察の有意義性だと思います。

Share

行政視察 第2日目 石川県かほく市議会

~議会による行政評価の取組~

安達 肇議長・板谷悦郎副議長・猪村博靖議会運営委員長・金子 猛市民文教委員長・杉本成一予算決算常任委員長、多くの議員の皆さんのお出迎えを受け、感銘を受けました。

平成16年の石川県内の平成の大合併の第1号。旧河北郡の高松町・七塚町・宇ノ気町の3町が合併。人口は、35,439人。面積:64.44㎢。住みよさランキング第17位。

世界的な哲学者・西田幾多郎の故郷でもある。

また名産品として、「ルビーロマン」の生産地でもある。

毎年の初競りでは、高額の値段がついています。平成30年度は110万円。ふるさと納税(5万円以上)

かほく市の議員定数は、15人。

議員報酬:議長 44万円。副議長 37.5万円。議員35.5万円。

市長 88万円。副市長 70万円。 教育長 64万円。

政務活動費 月額2万円。 

交際費(年額) 議長90万円。市長 180万円。

今回は、かほく市議会の取り組む、行政評価については、行政評価に取り組むスケジュールや、執行部に行政評価を提案した経緯。またそれにより、執行部の協力を得ることができて、議会主導が先行して、執行部の協力の下で、実現できたことなどを聞くことができました。

どこの自治体でも、地政学的条件や近隣市町村とのバランス。または選挙区事情などにより、行政バランスの構図は、特徴的なものがあります。かほく市議会の議員の先生方との意見交換は、今回の視察内容の他にも、違いはあれど、地方自治体が悩む多種多様にわたる諸問題にまで発展して、大いに議論することができ、大変有意義なものになりました。

最後に、かほく市議会の議場にて、安達 肇議長・板谷悦郎副議長・猪村博靖議会運営委員長・金子 猛市民文教委員長・杉本成一予算決算常任委員長、も全員加わって、記念撮影させていただきました。

かほく市議会の皆さま、本当にありがとうございました。

Share

議会運営委員会 行政視察 第1日目

行政視察 第1日目 坂井市議会

坂井市は、人口91,680人。面積 209.67㎢。

福井県の北部に位置し、平成18年に坂井郡の三国町・丸岡町・春江町・酒井町、4町が合併して誕生。

坂井市の議会改革は、主に、次の通り。

〇政務活動費の情報公開。〇視察内容の公開。〇市民との意見交換会。〇高校生議会。〇傍聴規則改正。

市民との意見交換会は、23のまちづくり協議会との意見交換会を毎年開催している。

また商工会との出前議会なども。18歳以上の政治参加の活動として、市内に3校ある県立高校との高校生議会も開催している。その開催の内容を興味深く聞かせてもらいました。

若い世代の議会に対する堅苦しい印象を変えることできる。議会での様子をしっかりと伝えることもできるとのこと。一方で、具体性に欠けるところなどもあるようです。

坂井市議会の議長を含め、担当の議員や議会事務局の方のお話を聞いていると、現実的に、議会改革という「言葉」が先行して、中身が伴わない場合もあるようです。

つくば市も中身を重視して、参考にしていきたいと感じましたね。

視察の終わった後に、堺市の歴史と観光など街の特徴などを少しお聞きしました。

坂井市の主な観光は、「東尋坊」が一番有名なのではないだろうか?途中、立ち寄った「越前・丸岡城」も、現存する天守閣の中でも最も古い建築物で、昭和9年に国宝に指定されたものです。

織田信長は、越前の一向一揆を平定するために、柴田勝家に北ノ庄(きたのしょう)(福井市)に築城を命じます。勝家は甥の柴田勝豊を豊原に派遣して、城を構えましたが、1576年に豊原から丸岡に移り城を築きました。これが現在の丸岡城になります。

日本最古の天守閣をもつ丸山城の石碑には、徳川家康の家臣の本多作左衛門重次(ほんださくざえもんしげつぐ)が、長篠の戦の陣中から妻に宛てて送った手紙文が刻まれています。

「一筆啓上 火の用心 お仙泣かすな 馬肥せ」

最も短い手紙文として知られている一文です。

この石碑をヒントに、日本で一番短い手紙文の再現と手紙文化の復権を目指して、坂井市では、毎年テーマを決めて、日本一短い手紙を募集。「一筆啓上賞」を実施しています。

日本国内のみならず海外からも多くの応募が寄せられています。

重次の手紙文の意味は、唯一の男子(他の4子は皆女児)である仙千代のことを心配しながら、留守を守る妻に御家をしっかりとみる様にと送った手紙では、大切な事柄を少ない言葉できっちりと語り掛けています。

「火の用心」とは、本来の火事に注意することはもちろん、家中全体の取り締まりに気を配ることを示しており、「お仙泣かすな」は、幼い嫡男の仙千代の養育を怠りなくしなさいということ、そして「馬肥やせ」とは、武士にとって戦場で命を預ける大事な馬の世話を疎かにしない様にということから転じて、贅沢を戒め無駄を省いて倹約・蓄財に努めよ」との教訓にも読めます。

日本語の深みを感じながら、一筆啓上を読ませていただきました。

Share

無計画なGWお出かけ記

GWは、突然でしたが、出かけました。5番目の三女(小学校4年生)は、どこにも、連れて行ってなかったので、思いついたように出かけました。

初日は、夜11時頃出発。一気に、青森へ。妻の古くからの友人に会いに。

 → 青森に朝8時頃青森について、まずは、青森・「酸ヶ湯温泉」 かなり有名な温泉らしかった。素晴らしいお湯でした。

 → お昼は、友人の方とお食事。青森の市内観光もかねて、→ 三内丸山遺跡へ。とても面白かった。

 → 24時間の健康ランドで、宿泊。と言っても、どこもホテルが予約でいっぱいだったので、仕方なかった。 

 → 朝食後、大館市へ。曲げわっぱのお店へ。

 → 玉川温泉(近くて有名だったので、)そこから、宿泊場所を探しながら、移動。

 → 払田柵跡(大仙市・・意外と面白かった遺跡跡)

→ 友人に教わった横手市のステーキ屋さんで、夕食。

→ 「ぽよよんの森オートキャンプ場」(東成瀬村)やっと見つかったキャンプ場

→ 朝食後、山形へ。 

→ 山形市のラーメン屋さんで、ランチ。

→ 蔵王温泉(素晴らしいお湯でした。)

 → 蔵王エコーラインを通って、

→ 東北道 

→ 常磐道

→ 我が家。

家族サービスをほとんど怠っていた私ですが、なんとか父として、お務めを完了することができました。

Share