解散 総選挙

私も今まで数々の経験をして思うことだが、人間関係には、会社でも町内会でも、またあらゆる組織や団体でも、ある一定のグループが形成される。まずは、その会社、組織、地域を主導的に運営しているグループ。そして、その運営側に対して、必ず運営に対して、厳しく質す側のグループなるものが存在する。もっともこの相対する構図があるから、会社、団体、組織の健全な運営が成り立っているのともいえる。

私も18年前に、丹羽雄哉代議士の私設秘書として、選挙のお手伝いをさせてもらった。当時、選挙に勝つために、後援会の組織を地域で作ってもらうように戦略をねる。例えば、一つの地域に、丹羽雄哉後援会を作る。地域の丹羽代議士を応援している方、いわゆる役員さん候補に3~5人に集まってもらって、その地域に後援会の入会の申し込みを募り、署名簿に署名をもらう活動をする。都市部のような地域はなかなか難しいが、周辺地域の在の地域は、伝統的にも近所付き合いの深い地域は、かなりの署名簿をもらう事例が多い。この集まった署名に基づいて、その地域の丹羽雄哉後援会の発会式をする。例えば、私の所在地は、つくば市吉瀬なので、「吉瀬 丹羽雄哉後援会」なるものが設立されるわけだ。このように自民系の保守系の国会議員は、全国津々浦々、日々、この後援会組織つくりに邁進している。

後援会の組織作りは、数多くのほうがいい。それが多いほうが強い後援会ともいえる。しかしながら、「言うは易く行うは難し」が現実だ。在のような周辺組織は、できやすい地域ではあるが、少子化高齢化により、若手の人材不足が深刻だ。この後援会が高齢化により、いざ選挙となった時に、機動力ある活動ができるかは?不安な面がある。また、都心部はライフスタイルが多様化しているために、後援会の組織は困難と言えよう。個人情報保護法なども成立して、都市部での後援会の入会の署名簿を集めるのは、多様化複雑化しているので、難しいと言える。また後援会を多く作ることは、強い後援会ができるから、政治家にとっては申し分ないが、反面、経費は掛かる。お金がかかるということだ。それなりのお付き合いが増えるから、活動経費がなければ、後援会は維持できないということにもなるわけだ。これだけの時間と費用と労力をかけて、汗水たらして、後援会づくりに邁進するわけだ。当選しなければならないから、勝つためにはしかたないわけだが、当選する票を獲得するためには、当たり前の活動だ。

さて、一方で、保守系の国会議員に対して、いわゆる野党系、無所属系、革新系の方々は、そのように活動しているのか?私は、一度、密着取材してみてみたいとも思う。駅前の朝の挨拶運動や、辻立ち運動。よく見かけるのは、「本人」というタスキを掛けて、手を振っていたり、もちろん有権者に対して知名度を上げるためには、必要な活動だ。これを否定するものでもないが、逆に言えば、それだけで当選することにもなる。

国会議員と市議会議員を比較するのは?如何なものか?とは、思うが?!同僚の市議会のヘイズ議員さんは選挙の時に、それだけで、6,000票余りも獲得してしまうわけだ。私などは、日々の後援会活動を地道にやっても、2,000票余り。ヘイズさんは、私の3倍以上の得票だ。つくづく考えさせられる。今後の活動の課題でもあるわけだ・・・。

話は、少しそれてしまったが、国会議員の話に戻そう。

昨日は、安倍総理より衆議院の解散が発表された。

昨日は、緊急で茨城第6区の市町村議員を呼び掛けて、幹部会を開催。約40名ほどが集まっていただいた。丹羽雄哉代議士の引退により、新人の国光あやの が立候補予定者になる。自由民主党茨城県第6選挙区支部の支部長も10月1日にて、丹羽雄哉から、国光あやの に変わる。解散後の自民党本部では、公認証の授与があって、国光あやのも公認証をいただいた。

昨日からの野党の動きは、驚かされた。というよりも、「あきれた!」というほうが正直な感想だ。一度政権にとった民主党が、野党に下野して、政権奪還を目標に自民党を追い詰めていこうとしたが、結局、意見がバラバラで、まとまらなくて、やることなすことすべてがブーメラン。抜けていった方が新党結党するとそれに、刺客を立てると言い放ったのに?前原さんの会見を見ていたけど、何も猛々しいリーダーとしての素質は感じられなかった。安倍総理を倒すために選挙をやるだけでしょ。国家国民のために、何をすべきか?を訴えて選挙してほしいとも思う。

バラバラになった人間が、また希望の党で集まって、また同じなんじゃないの?と思うよ。小池さんのトップが変わっただけで。前原さんは、「名を捨てて実を取る」と言っていたけど、中身は、同じであれば、また「希望」の名前は、無くなるよ。

解党した民進党のメンバーで、新党の「希望の党」から公認候補として出馬することができるのは?誰なのか?小池さんは、安保法案や憲法改正で踏み絵をするだろう。もう日本の政治状況を冷静に見れば、安保関連や憲法改正の議論を無視するような政治的な考えは、受け入れられないのだ。このテーマを真剣に語れないのは、選挙で落っことされると思う。北朝鮮の危機は、深刻なのだから。

所詮、冒頭に説明した。ある一定のグループ(運営側)を批判や反対する勢力がしっかりしなければならないのは、言うまでもない。しかしながら、この体制を批判する側から、運営する側になるか?否かを問うのが、今回の解散総選挙だとしたら、今回の希望の党が、余程のしっかりとした国家間や国家運営するための基本理念、憲法についてや外交政策や経済政策の明確な柱を明示するべきではないだろうか?

昨日できた希望の党の看板が、小池さんだから、集まっているとのことだが?話して中身は、何が自民党と違いがあるのか?しっかりとした中身を見せてほしいと思うわけだ。

朝の挨拶運動や辻立ちだけで当選できればもちろんいいが?その人の話や語っている話を聞いてみなければ、やはり、広告でしかないわけだ。

しかしながら、今回の急な解散はきつい。特に新人の私が応援する国光あやの候補にとっては、苦しい。時間があまりにもなさすぎる。

一方で、自民党としては、負けるわけにはいかない。野党に議席を奪われては大変なことになる。短期決戦だ。苦しい戦いだが、是非、皆様にご理解をいただき、自民党の国光あやのに対するご理解をいただきたいと思います。

Share

谷垣禎一代議士の演説を忘れるな!

今回の解散総選挙は、どうやら確定のようだ。
総理の特権で伝家の宝刀で振られる解散権。
安倍総理もやることはかなり悪評を広まる強引で、結構、どげつない印象を受ける。

おかけで10月以降に計画していた日程を大幅に変更しなければならず、本当に迷惑だ。
まぁしかし、私は安倍総理が行ってきたことは、概ね支持しているので、選挙では勝ってもらいたいし応援もしたい。

野党も自民党の中にも、「大義なき解散」と指摘する人もいるが(丹羽雄哉代議士もTVで言ってたな⁈)、そのコメントをいう人ほど大義など無視している人が多く感じる。マスコミもそうだ。(丹羽雄哉代議士は今回、引退されます。私が一時は、従事していた方です。私は残念だと思っていますが)

さて、今回の引退する中で、私の前のボス。我が茨城第6区の丹羽雄哉代議士が引退されます。当選12回。厚生族の重鎮ともいえる。3度の厚生大臣を務め、私は、3度目の大臣で、森内閣の時の解散の時まで、従事していた。個人的には、選挙でも大変貴重な経験をそこでさせていただいた。正直、丹羽代議士は、地元ではあまり評判がよくない。なぜかな?と考えていたが、しかしながら、私がこうして市議会議員になって、国の社会福祉、医療保険の制度を地方議員として、いろいろな方面で勉強していくと、丹羽雄哉代議士の行ってきた政治的な行動は、高く評価できる。一般の有権者には、なかなか理解いただけないかもしれない。

思えば、後期高齢者医療保険制度しかり、介護保険制度しかり。なくてはならない制度を立ち上げた時の立役者と言えよう。今でも、制度に対して、不満を訴える人はいるが、介護保険制度などは、設立から17年たった今では、高齢者の生活設計の中に、すっかり定着しており、今後、老後の生活を考える上でも、この制度がなかったら、高齢者は、不安な気持ちで生活を送ることになっていただろう。

当時は、後期高齢者医療保険制度も介護保険制度も、設立過程では、大変な批判が多かったとの記憶がある。それでも、各業界団体などの反発や批判なども押し切って、制度成立の決断を下したわけだ。そんな経緯は、一般の国民の方は、ほとんど知らないだろうと思う。
今回をもって身を引き、若い人材に道を譲ったわけだが、ひとまず、そのご苦労と功績に感謝と敬意を表したいと思う。

丹羽雄哉代議士と同期(確か?)の谷垣禎一代議士も引退とのこと。自転車の事故により、リハビリを繰り返して、再起を図っていたとのことでしたが、引退の報道が流れていた。
自民党が民主党に政権を奪われた3年の間、野党の自民党の総裁になり、鳩山政権と菅政権を追い詰めて、民主党政権を倒した功労者でもある。現在の第2次安倍総理誕生の時には、あえて自民党の政権奪取のために、谷垣代議士は本意ではなかったが、自民党再生のために、総裁を辞めて、自ら身を引いた。その結果、現在の安倍政権があるわけだ。
あの時の谷垣総裁の「百里の一歩も九十九里で道中半とす」の言葉は、とても印象的で「自ら身を引いて、一兵卒として戦う」という言葉も感動した一場面だった。

安倍総理の評判も決してよくはない。これは、あれだけ加計問題と森友問題で野党とマスコミで攻撃されて、すっかり悪い印象をお持ちの方も多いように思う。私の周りにも、安倍総理の悪口をいう人は多い。本当に安倍総理は悪い政治家なのか?

加計問題だって、結局、何が悪かったのか?さっぱりわからない。違法性は何もなかったと民主党の玉木雄一郎さんが述べている。彼のTwitterで「こんな大きな問題になると思っていなかった」と述べている。何だっただろう?

すっかりマスゴミに毒された一般の有権者の方々に、本当は何が問題で、何が問題ではないのか?今回の解散の意味も含めて、今一度、冷静な判断をしていただけるように、自民党は努力しなければならないと思う。

今回の解散に大義はないというけど、やることはいくらでもあるのではないでしょうか?韓国の経済力は、東京のGDPよりも及ばない。北朝鮮の経済力って、日本のGDPの1%にも及ばない。1%にも及ばない経済力の国に、日本は脅されている。黙って指をくわえてみているだけだ。では、なぜ1%の経済力しかない北朝鮮はやりたい放題なのか?それは、北朝鮮には経済力(GDP)でも世界第2位の中国の後ろ盾があって、やっていることだ。それに対して、日本はミサイルを撃ち込まれている。ただ指をくわえてみているだけしかできないわけだ。アメリカとの国防に対する連携をどうしていくのか?しっかりと国防に対するメッセージを送るべきでないかと思う。

まずは、3分の2の憲法改正勢力の維持を目標に、憲法改正を訴えては?元来、自民党の党是なんだから当たり前のことを自民党や訴えてこなかったじゃないですか?正々堂々と公約に掲げるべきでは?それと中国などの経済力にも負けないためにも、また、超高齢化社会の対策にも経済成長は続けなければならない。GDPは、維持し拡大していかなければならない。そのためには引き続き財政出動は必要だし、消費税増税は、景気回復の腰折れになる。再延期するべきでは?

と、まあいくらでも政策や大義はある。

自民党内から安倍総理に批判勢力も多少なりとあるようだが?今回引退する谷垣禎一代議士の言葉を思い出してもらいたいと思う。あの時の言葉を思い出せば、いろいろあったが、やはり頑張ろうっていう気持ちにならなければならない。

Share

トランプ発言と横田早紀江さんのコメント

アメリカを敵視する政治的勢力の方は多くいるだろう。トランプの発言を危険だと意見する人もいるだろう。しかし、横田早紀江さんのような拉致被害者の方の思いを考えると、果たして危険な発言なのだろうか?トランプ発言に感謝をする拉致被害者の方にたいして、アメリカを敵視する人々は、なんと答えるのだろう。我々、日本人は、トランプ発言と横田さんの思いを、もっと深く考える必要があると思う。

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3163425.html

Share

解散報道について

カンニング竹山の「加計学園問題って何が悪いのか分からない」、大絶賛される

加計問題で、衆議院の解散を訴えてきた民進党含む野党。
安倍総理の解散報道に対して、安倍総理および政府与党を批判する野党。解散の大義はないと??
どういうこと??
それよりも、北朝鮮に対する国防や憲法について、キチンと国民に対して、メッセージを送ってはどうだろうか?経済対策は?どうするのか?
民進党も対案を正々堂々と出せばいいのに。そうすれば支持が得られるのではないか?
逆に、自民党は恐れずに、今までの自民党としての基本理念を恐れずに、主張すべきではないだろうか?
ま、自民党も民進党も「言うは易し行うは難し」なのだろうな。

Share

平成29年度つくば市敬老福祉大会

平成29年度つくば市敬老福祉大会に参加しました。
今朝の新聞で、衆議院の解散が話題に掲載されていました。

来賓では、丹羽雄哉代議士の挨拶。事実上、次期の衆議院選挙を出馬せず引退を表明している丹羽雄哉代議士。
「朝は、『希望』に目覚め。夜は、『感謝』で眠る」敬老会の参加者に対して、ますますのご健勝を、心を込めた挨拶をされておりました。これが代議士としての最後の挨拶なのか!と感慨深く聞いておりました。

午前の部は桜、筑波、茎崎地区の方、午後の部は大穂、豊里、谷田部地区の方の2部開催。平成29年7月1日敬老福祉大会対象者は30,101名(男性13,200名、女性16,901名)
私のお袋とも、久しぶりのツーショット。84歳。親父よりは長生きできそうだ。つくば市に引っ越してきて初めての敬老会参加でした。

Share

娘との会話。

昨日のミサイル発射の同時刻は、私は娘を高校へ送迎する途中だった。Jアラートが鳴り、娘もびっくり!私もとっさに、娘に「もしミサイルが近くに落ちてきたら、死ぬときは一緒だぞ!覚悟しろ。」と話してしまっていた。「パパと一緒に死ぬことをよかったと思え!」とも追加して言ってしまった。

とっさに出た言葉だが、しかしながら、こんな会話をするような事態になっていることを、今一度、大人として考えなければならない。ましてや、政治家の端くれとして、メッセージを送るべきことはあるのではないか?と思う。

確かに平和な生活が、ず~っと送れればそれに越したことはない。しかし、身勝手な暴漢に対して、目の前に危機が迫った時に、備えは必要だ。今の日本の国を守る方法は、憲法を遵守すれば、盾と矛の日本は盾の部分しか行動できない。危機の備えに対して、未然に自己防衛をするための矛の部分は、実は、アメリカにやってもらおうという約束になっている。これが日米同盟になる。しかし、矛のアメリカは、果たして本当に日本のために、矛の役割を担ってくれるのだろうか?私は、極めて懐疑を感じる。

今までの日本の外交は、やはり弱腰だったのではないか?と思う。これまでの対話路線を優先したために、実際には、北朝鮮に核開発やミサイル技術向上の時間を与えてしまったわけだ。ピストルを乱射していたものに、何もしなかったために、ピストルよりもすごい武器を持つ時間を与えてしまったわけだ。だからより一層、脅しもしやすくなった。

日本の政治家の中に、実際に「開戦も起こりうる」という発言をする政治家もそろそろ出てこなくてはならないのだろうか?と思う。それほどまでに、北朝鮮に対する危機は、今まで以上に大きくなっていることを、日本の国民にメッセージを送る必要があると思うわけだ。そして確かに平和憲法は持っている日本だが、現実的に、開戦になった場合は、何をするべきなのか?真剣に考えなければならないのではないだろうか?

朝の娘との会話に、何もできずにたじろいでいる自分を、このままでいいのか?と感じた。またつくば市議会でも北朝鮮に対する抗議決議をしたが、これも、なんの力も発揮できないと思う。残念ながら、まったくの実行力のある現実的な対応を、みんなで考えよう。そのきっかけを政治家が訴える必要もあるだろう。誰かがやるわけではない。政治家がやるべきことなのだと思う。

Share

9月議会を終えて(長文で、必読!)

9月議会の展開を説明してみます。(長すぎで、途中で、飽きちゃうかたは、ごめんなさい)

まず一番の大きな案件は、水道料金の改定案。昨日の採決では、全会一致で何の問題もなく可決した。

私のSNSなどでも再三にわたり、取り上げているテーマ。結果だけを見れば、いとも簡単に可決してしまったように見える。しかしながら、私としては、執行部提案の21%の値上げ幅案よりも、前市長の時の水道事業審議会で提出された答申案(値上げ幅38%)のほうが、安定的な財源を確保できると考えていた。

実際に、議会に提出された案は、21%の案。これに対して、私自身は、不満があったので、38%の答申案を、修正案として提出することができないか?考えていた。

当然、議会は過半数を確保しなければならない。私と考えが同じ答申案に賛同していただける議員が過半数以上いれば、答申案が可決されるわけだ。心当たりの方に、接触を図り、票読みをいろいろしてみた。しかしながら、どうして私の考えていた答申案では、過半数を確保することができない。また、一方で、議決で過半数を確保できなくても、負けることが分かっていても、自分の意思表示を明確にするために、修正案として提出することも選択肢にあった。

結局のところは、修正案を提出するまでに至らなかったわけだが、私の考えでは悩んで選択した結果だ。

下記は、今回可決された案と答申案の比較だ。前にもアップしたが、是非、もう一度参照して頂きたいと思う。

また、「北朝鮮に対する抗議の決議」に対しても、結果的には、全会一致になった。しかしながら、それは政治的な駆け引きで全会一致になったということだ。当初、私の決議文の中には、「さらに強い圧力」という文言があった。これに、市民ネットワークの方から、表現が強すぎるのではないか?という指摘があった。私自身は、妥協の余地がなく、「異論があれば、反対されたら良いのではないか?」と多少、突っぱねたが、塩田議長より、『「対話の解決はもちろんのこと」という文言を追加することで、全会一致になる。相談できないだろうか?』との仲裁案の相談があった。私も、妥協はしたくなかったが、つくば市議会の決議としては、やはり全会一致を目指すべきものと考えて、塩田議長の相談に答え、文章を修正して、決議案を完成させた。

水道料金改定の議案も、北朝鮮に対する決議も、全会一致。市民の皆様には、全会一致だから、議会では、何もトラブルもなく議論が進んでいるという印象も持たれると思うが、全会一致の議会の中の真実の議論の中には、議員各位が思ういろいろな主張が、多くぶつかったり、意地のツッパリあいもするし、相談したり、折衝したり、妥協したり、このようなことを行っているのが事実だ。

最後に、入札制度の決議文も提出された。提案者は塚本洋二議員だ。

これは、つくば市の入札制度のここ数年来の問題点の中に、競争入札ではあるのだが、落札候補者が同じ金額(同札)で、電子くじ方式にて、落札業者を決めている事例が、多くなってきている問題が背景にある。
五十嵐市長および執行部は、これを受けて、8月に、つくば市入札制度の方針(案)を、議会全員が参加する全員協議会を開催して、議員に説明をした。

担い手3法(改定建設業法、品確法、改正公契約法)を受けて、地場産業育成と受注者に適正な利益を確保する方策を、主に取り入れたものである。

この発表された入札方針の案に、たいして、さらに公平公正な入札をするために、塚本洋二議員が「ランダム係数表を基にでた数値と最低制限基本価格を掛けて算出された金額」で落札者が決定される方式を採用するべきだとする決議内容だ。

つくば市の現行の方式は、電子くじ方式だ。電子くじ方式は、電子入札システムに組み込まれているものであり、応札者が入札時、入札金額のほかに入力する3桁の数字を利用し、定められた計算式を基に、コンピューターが自動計算したうえで、落札候補者を決定するために、人的な行為が入る余地がなく、現段階では、透明公平な方式である。

一方で、ランダム係数方式は、電子入札システムとは別のシステム(最低制限価格自動計算システム)により、無作為(ランダム)係数を決定し、同時に自動算出される最低制限価格とともに、電子媒体などの保存のうえ封書をしており、開札時に、その電子媒体からデータをパソコンに読み込み、確認し開札を執行している。

電子くじ方式にしても、ランダム方式にしても、それなりの特徴がある。また、メリットもデメリットもあるのが事実だ。私自身も今回の塚本議員の提案に対して、特別な反対をするものではないが?!もう少しランダム方式のメリットとデメリットを議論する必要があるのではないかと?考える。

ランダム方式のデメリットは、最低制限価格を決定するにあたり、中央公契連モデルの算出基準は、当該契約の内容に適合した履行がなされないこととなるおそれがある価格としての設定になるため、これを下回る価格を最低制限価格とするのは、価格設定根拠として整合が図れないと思われる。本来、制定制限価格とは客観的に設定されるものであり、落札者の価格を上下動させて無効か有効化の判断を変えるのは問題があるのではないか?という疑義なのだ。

適正な積算見積もりを行った入札参加者に、さらにランダム係数を予想させ、それを乗じて入札価格を決定することは、適正な積算見積もりを行った後は、運に任せることになる。
これが公平な入札方式なのか?また応札した全社が失格になるケース、つまり全社失格の不調になる可能性もあるわけだ。

そしてさらにランダム係数を採用する場合は、契約担当者(市の職員)の人的行為が発生するために、価格操作などの疑念が抱かれる可能性は高くなるわけだ。これもデメリットだ。

今回の決議に対して、私は塚本議員にこの電子くじ方式のメリットデメリットは?ランダム方式についてのメリットデメリットを質問したが、提案者の方は残念ながら、この問題に対しる専門的な見識は、お持ちでならなかったわけだ。説明できなかったわけだ。

また担い手3法(改定建設業法、品確法、改正公契約法)の『歩切り』に当たるわけだ。これは、違法性も疑義が生じる可能性もある。

このように、提案者の主張は理解できるものの、もう少し議論をする時間を与えて決議するべき問題だと考える。ましてや提案者のこの問題の認識もあまりにも甘いと感じざるを得ない。

ちなみに、ランダム係数方式を採用しているのは、茨城県、水戸市、土浦市、石岡市、かすみがうら市、つくばみらい市。

あえて苦言を申すが、今回、この決議に賛成された方は、普段は、多くの議論を重ねるべきだ!とかいう方が多いのだが、今回は、あまりにも拙速な議決の行動をしたような印象を受ける。入札制度は意外と奥深い。繊細でデリケートな環境がある。そのようなことをもう少し賛成された議員は、知ってほしいと感じた。

結果的には、私は、この決議に対しては、反対討論をした。もう少し慎重なる議論が必要なのではないかと?

Share