行政視察 第3日目 枚方市議会

行政視察 第3日目 枚方市議会
枚方市 
人口約40万人。大阪府の中では、中核都市。

議員定数は32。(つくば市議会は 定数は28名。)

会派別議員数。      
公明党8名。
連合市民の会7名。
未来に責任・大阪維新の会 5名。
日本共産党 4名。
民主市民議員団 3名
自由民主党議員団 3名
自由民主党清和会 1名
平和・自治・市民 1名。

(つくば市議会は最大会派は自民党だが、枚方市は最大会派は公明党になりますね。)

報酬は 62万8,800円
政務活動費は 月額7万円

枚方市議会は、常任委員会の採決は行わず、本会議主義の議会運営が特徴ですね。

通年議会の導入について
 定例会の会期を1年とし、閉会期間をなくすもので、これにより、災害時における緊急対応など、必要に応じて、議会側が主体的に機動的に本会議や委員会を開くことができます。またいわゆる市長の専決処分の乱発を防ぎ、議会の監視機能を十分に発揮することができる。
会期の始期については、会計年度に合わせて4月から翌年3月までとする例、暦に合わせて1月から12月までとする例などが見られた。しかしながら、芦屋市議会議員の任期が5月1日から始まる現状に合わせて、通年議会の会期を5月から翌年の4月までとすることなった。

課題は、「専決処分のあり方について」など、地方自治法上について詳細な対応が必要だということでした。

研修では、もっと詳細な自治法上の課題や通年議会の導入の工程表などの説明もありました。

小松島市議会、芦屋市議会、そして枚方市議会とも、各議会の運営の仕方に、その自治体なりの特徴があると感じましたね。

Share

行政視察 第2日目 芦屋市議会

行政視察第2日目。 芦屋市議会
議会のICT化の取組について

つくば市の議会は、インターネット中継などは、すでに施行されているが、議会内の情報の集積や活用については、まだペーパーレス化が具体的には進んでいない。

前回の3月議会では、執行部からの申し出があり、執行部だけは、タブレット端末の持ち込みを試験的に導入した。

芦屋市議会では、すでに議会ICT化を運用しており、その内容についての研修を受けた。

導入に当たっては、芦屋市議会の中に、「議会ICT検討会議」を設置して、そこでの検討結果をまとめ、答申を議長に提出。
今回はその答申について詳細を書いてみる。

答申の内容は、1)導入に当たっての考え方。全議員に同一機種を導入すること。
2)会議にすべてにおいて、タブレット端末を使用すること。紙資料の配布を原則的に行わないこと。
3)利用範囲、導入機能及び導入時期を提示
4)導入端末について、機種はIpad Pro 。通信方式 Wifi-Cellular 
5)導入システム 次の機能が利用できるシステムが望ましい。
   機能検索・会議機能・見開き資料の単ページ・見開き対応・しおり機能・手書きメモ機能・履歴機能・インデックス機能・閲覧制限の設定機能・セキュリティ機能
※クラウドシステムとして導入する。

運用方法
1)各議員への連絡を全てメールで行うことでペーパーレスを実現。

2)会議資料等をクラウドシステムで共有することでペーパーレス会議を実現

3)市民にタブレット端末を使用して説明するなど、市民への情報発信の拡充

上記以外でも、予算決算委員会の説明も聞くことができました。

Share

行政視察第1日目 小松島市議会

議会運営委員会の行政視察 第1日目。

徳島県小松島市に議会研修にきました。

小松島市は平成21年より議会基本条例に取り組み、通年議会、また議会でも「事務事業評価」を実施しており、早くから、議会改革に取り組んでいる議会。

議員年金を最初に廃止した自治体としても有名とも言えます。

一年通しての通年議会を実施。特に各常任委員会が年間テーマを決めて、勉強し議論し政策を考えていくことをしています。

つくば市は議会活性化特別調査委員会で、より良い議会の活性化についての議論を展開しているところです。

つくば市の場合は、予算決算委員会は導入しておらず、今後、導入するべきとの委員からの意見があり、その導入の是非について議論されているところであります。

決算委員会は事業項目を決め、事業評価を議論し、市に意見をあげ、次年度予算に反映するように取り組んでいます。またそれを次年度の予算に反映させる仕組み。

つくば市の現在の議会のやり方が、決して、悪いわけではありません。予算についても、各常任委員会で分野を振り分けして、委員会付託をしています。

予算委員会の設置についての意見は、なるべく多くの議員が予算案について議論参加をできるようにしたいとの意見があったからです。

私の意見としては、予算委員会が設置されたとしても、イコール議会改革が必ず進むものとは、短絡的には言えないものだと考えております。予算委員会の設置についても、メリットとデメリットは必ずあります。執行部対応が間に合わない懸念があることや、返って議会運営の非効率な面もないとは言えない。

現在の国会の予算委員会をみても、本来の議論とは全く関係ない話が延々と続くようでは何にもならないですからね。もっとも地方自治体の議会では、今のような国会の体たらくの様相は、現実的にはあり得ないとも?!?!

小松島市議会の議会改革について、市民の意見はどのようなものなのか?と質問をしたところ、「実は、そんなに市民の意見は変わりはないです。」との返答があったことも印象的でしたね。

議会報告会のあり方も、常態化すると市民の参加者は、同じ人ばかりになってしまって、議会報告会の形骸化が進んでいるような答弁でもあったと思います。ワークショップ形式なども取り入れて、創意工夫をしているようですね。

どちらにしても「議会改革」の言葉だけが先行して、中身がしっかりしていなければ何にもならないとも感じました。

特に、つくば市の場合は、過去に「住民投票」を実施した事例があるわけで(※当時は、私は、住民投票自体には非常に、慎重論でした。軽々にやるべきではないとの立場でした。)、住民投票を選択したのは、議会であったはずです。地方自治法上は、確かに議会を補完する意味でも、住民投票は認められているわけですが、実際につくば市で住民投票をやった結果、問題解決が進んだのかどうか?は極めて懐疑的だと、私は考えております。

これについては、私の過去のSNSにて、コメントを参照されたし。

現在のつくば市にとって、最もあるべき議論が展開できる議会運営をしっかりと進めるべきとも改めて感じましたね。

Share

土浦警察署より

【架空請求詐欺ハガキにご注意】
◆土浦市内及びかすみがうら市 内において
 「民事訴訟管理センター」
 「民事訴訟告知センター」
を差出人とする葉書が相次いで送達されています。

◆これは架空請求詐欺の葉書です。
 記載されている電話番号には絶対に連絡しないでください。

◆「総合消費料金未納訴訟最終通知書」や「消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」等と題するもので、連絡がない場合には裁判になるというものですが、そのようなことは絶対にありませんので、安心してください。

◆このような葉書が届いた場合には、相手に連絡せず、ニセ電話詐欺対策室(029-301-0074)または最寄りの警察署にご相談ください。

土浦警察署連絡先
  029-821-0110

Share

今日も笠原陸上競技場へ

いばらき国体開催500日前イベント「みんなdeスポーツ」オープニングセレモニーが、開会式会場となる笠松運動公園陸上競技場にて開催。

本日も笠松陸上競技場。加藤明良県会議員の挨拶も。
ねば〜るくん、黄門ちゃま。
ゆるキャラマスコット勢ぞろい。

Share

つくば北・つくば中央警察署からの

【架空請求詐欺発生!】

● つくば市内において、架空請求詐欺のハガキが届き、お金を騙し取られる詐欺被害が発生しました。
● ハガキには、「消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」「給与の差押を強制的に執行する」と不安を煽るような文面が書かれています。
● ハガキに書かれている連絡先に電話をすると、コンビニエンスストアでアマゾンギフトカードを購入するよう指示され、同カードの番号を送らせます。
● このように未納料金をアマゾンギフトカードで支払う方法は詐欺の手口ですので、絶対に支払わないで下さい。
● 同様な電話がかかってきた際は、すぐにつくば北警察署(029-867-1191)まで連絡をお願いします。

《自動車の盗難被害に注意!》

●つくば市内の集合住宅駐車場などから深夜に自動車が盗まれる事件が100件を超えて発生しました。(県全体で約500件の発生状況)

●プリウス、アクア、カローラフィールダーのほか、ハイエース、クレーン付きの貨物自動車が狙われています。

●自動車の窃盗団は、必ず下見をしますので、不審な者を見かけた際には、通報をお願いします。

【報奨金制度】https://www.pref.ibaraki.jp/…/a01_…/street/bounty_theft.html

【防犯対策】
★ハンドルロック、タイヤロック、防犯カメラや警報装置の設置など二重三重の防犯対策を心がけましょう!
==============================================

~茨城県つくば中央警察署~

Share

ずうずうしい

前川喜平氏、安倍首相答弁に「私の名前使わないで」。

このニュースを聞いての感想!

この人はなんて図々しい人なのかという印象。国家公務員の守秘義務違反や規律違反を繰り返して、結局、自分が在職していた時に、行政マンとしての仕事ができなかっただけだと思うんですよね。「行政が歪められた」というコメントは違うと思います。

選挙で選ばれた結果、政治家が行政の方向性を変えたわけで、行政マンはある程度は、それに従うべきだと思います。

ましては、最後は天下りのあっせん違反と飲み屋遊びに酔い浸って、辞めていった人間。

道徳を論ずるは、万死に値する。彼のやった行為は、人を貶める行為で、卑怯者だと思うんですが

https://www.sankei.com/life/news/180515/lif1805150017-n1.html

Share

こんな男になりたい。

五頭 泰誠
5月14日 22:57 ·

谷口 徹の優勝インタビューを聞きながら、ポロポロ泣いた。ひたむきさと、我慢強さと、己の務めを果たした男の姿に、ただただ泣いた。嬉しくもあった。私も同じ歳だ。私もカッコ悪くてもいいから、こんな男になりたい。

Share