9月議会 開会。

本日は、9月議会開会されました。

市長の議案の提案説明では、以下のような大枠の説明がありました。

 

つくば駅前の中心市街地のクレオ跡地利用

SDGs未来都市

つくば市教育大綱

公共交通体系の見直し

マイナンバーカードとブロックチエーンを活用したネット投票

スタートアップ推進

新たな入札制度改革

 

 

また決算特別委員会も設置された。29年度の決算について審査される。

 

また本会議終了後、全員協議会が開催された。

 

内容は2件は、つくば市クレオ駅前の件について。もう一つは、つくば市入札制度運用方針(案)について。

 

入札制度運用方針(案)についてひとこと。

今回、説明された運用方針(案)に注目すべき点がある。

 

一番の重要な点は、第1として、基本方針が謳われたことである。以下を特に注目するところを抜粋する。

『不特定多数の参加者を募る調達方法である「一般競争入札」が原則とされている。一方、この原則を貫くと調達の準備に多くの作業や時間が必要となり、結果として当社の目的が達成できなくなるなどの弊害が生じることがあり得る。このため「指名競争入札」や「随意契約」による調達が例外的な取り扱いとして認められている。さらに地域活性化の観点からは、地元企業が受注し地域経済に貢献することも求められており、この点を踏まえ調達がなされる必要がある。』 ~抜粋~

 

この基本方針は、市原前市長の時も、私が入札制度について再三にわたって、問い質した点を大きく反映しているもので、特に評価できるものだと考えている。

 

過去のつくば市の入札制度は、基本的に一般競争入札の導入を議会が決議して、一般競争入札がスタートした。しかしながら、競争激化によるダンピングや品質確保についても多いに懸念が発生した事例が多くあった。また、つくば市の発注でありながら、地元企業の受注の機会が大幅に激減した結果ともなった。

 

特に脱デフレの国の政策が大きく変換すると、逆に、実勢価格との乖離が大きく発生して、特に、入札自体が不調になり、不調件数もつくば市は、ピーク時には80数件にも及んだ年もあったくらいだ。

 

五十嵐市長が就任して以来、選挙の公約としても、この入札制度の改革を掲げて、また地場産業育成の方針を大きく打ち出していただけに、少し遅い感じはするが、しかしながら、着実に改革を進めているという点で、評価はできるものと考えている。

 

それをわかりやすく表現しているのが、この基本方針の文章に明記されているわけだ。

 

今回の運用方針により、今後は、簡易型総合評価方式とランダム係数の採用について、試験運用を重ねながら、その入札制度運用の効果として、しっかりとデータ収集を図って、地元産業育成と国の品確法に基づいて適正な入札と公契約のあり方を模索していってほしいと思います。

 

 

私は、あの7年前の東日本大震災と北条の竜巻災害の災害復旧に携わった現場の人間として、未曽有の大災害に頼りになるのは、やはり地元の企業なのだということを、声を大にして訴えたい。

 

いざ大規模の自然災害の時に、地元の会社が廃業や倒産などにより、いなくなってしまえば、その地域を救う防災力が劣ってしまうわけで、その点からも、災害がない平時の時は、適正な利益の受注の機会を増やして、どんどん会社に体力をつけてもらって、備えてもらう。もちろん会社の自助努力もたくましく力をつけてもらう。雇用も増やして、人材を育てる。技術も継承してもらう。

地方自治体の地域の安全と安心を確保するためには、そのサイクルを構築するべきだと考えるからです。

 

今まで、その公共事業のあり方と地域防災、地域経済のあり方を総合的に組み立てる施策を行政が行っていなかったと考えております。

 

このサイクル構築に着実に、しっかりと取り組んでほしいと思います。ぜひ、一般市民の皆さまにも、ご理解をいただきたいと考えます。

Share

吉瀬の185年続く 鹿島神社の大例祭

今日は、吉瀬の鹿島神社と香取神社の大例祭。天保3年、西暦では1,833年。実に、185年続く、吉瀬の伝統的な行事です。

50数年に一度、当家が回ってきます。神社内での胴上げが見ものです。

素晴らしい伝統行事をこれからもずっと守って行きたいですね。

Share

批判だけでは無責任

マスコミやもちろん自民党の中でさえも、安倍総理に対する批判はある。当然だ。その批判に対して安倍総理は、真摯に自己反省はしなければならない。

 

石破さんが、戦略を間違えているのは、やはり安倍さんに対する個人批判に走ったためだ。結局、それでは野党と同じ戦略になる。為政者の個人批判をし始めると、その批判をする人(石破さん)自身は、どうなのよ?「批判するあなたは一体しっかりやっているの?」というように、天に唾を吐くごとく自身にブーメランで返ってくる。崩壊した野党民主党がこれほどまでに落ちぶれ、体たらくになったほとんどが、批判だけで政治をやっているから他ならない。

 

国政でも地方政治でも同じこと。前の市原健一市長の時に、私たちは野党になっていた。執行部または与党に対して激しい批判を繰り広げていたことを回顧する。五十嵐市長になって、今年の11月で2年余り。五十嵐市長も私も、もう前政権の批判をする必要はなくなってきた。というよりも有権者が求めているものは、そんな政争ではなく、現実の問題を一つ一つ丁寧に解決していく、もしくは積み上げていく誠実さだ。

 

そろそろ私もつくば市のまちづくりに対して、提言をしていこうと思う。今年の12月もしくは1月ごろを目標に、つくば市の懸案になっている問題に対して、有権者の皆様に、批判はあっても、提言をまとめて発表したい。白紙撤回になった総合運動公園計画の跡地問題。クレオ駅前の空洞化に対して。周辺地域の格差の問題など他にも枚挙にいとまないほど多くあるはずだ。

 

我々の会派の中でも多くの意見がある。ぜひ、3月議会までに、その大枠の提言をまとめていきたいと考えております。

 

自民党の総裁選挙の報道を見ながら、批判ばかりの政治では、無責任極まりない。野党や石破さんと同じようになってしまっては、まさにブーメランだからだ。

 

権利を主張するまえに、義務先行が重要だ。そろそろ重い腰を上げようかと私自身の責任の重さを感じる朝です。

 

朝刊を見ながら・・・・

Share

安倍総理からの手紙

こんばんは。本日は、帰宅したら、内閣総理大臣 安倍晋三(自民党総理総裁)から、自民党総裁選挙の立候補のご挨拶が届いていました。

自民党の総裁選挙は、安倍総理と石破茂氏の一騎打ちです

私は、安倍晋三さんに投票しようと思います。

理由は、言わずもがなです。今までの実績と引き続き日本国のかじ取りを、しっかりとやってもらいたいからです。石破さんについては、大変申し訳ないが、やはり安倍さんとは戦にならないと思います。

今の国会議員は、衆議院と参議院を合わせても3分の2以上の憲法改憲勢力が占めている。憲法改正の手続きは、憲法審査会が憲法改正原案(どの項目をどう変えるか?の条文案)を提出するところから始まる。提出には、衆議院は100人以上。参議院は50人以上の賛成署名が必要。この手続きを粛々と進めるべきです。

今の国会勢力は、憲法改正の国民投票を国会が発議する必要条件が整っているわけで、これは戦後初めての状態です。自民党の党是でもある専守防衛と自主憲法制定を考えると、安倍総理の訴える政治の基本理念は、自民党の結党精神を着実に実行に移し、結果を積み上げているわけで、この流れを止めることは、自民党としてもあり得ない話だと思います。石破さんが選挙のために、安倍総理を批判的にコメントしているが、全く説得力がないと感じます。

私は、地方自治体の議員だが、つくば市議会でも様々な条例などの採決に携わる。また国の法律などに関するものも多くある。他にも私たちが普段何気なく生活に関係している様々な法律群があるが、戦後70数年たって、その法律が現在の現状にそぐわない、または、現実とあまりにもかけ離れている法令などがたくさんあるわけで、そのおおもとの根本の憲法を改正する必要があると、私は強く感じている。

安倍総理になって、これまでタブーとしてきたものにチャレンジして、改革を断行してきた事実は大きな評価だと思う。特定機密保護法や安全保障関連法案などもそうだ。他にも・・・。民法や商法や公職選挙法など、まだまだ大きな改正をするべき法律はたくさんある。そのおおもとが憲法で、これを現在の日本の国のあり方にしっかりとコミットした日本国憲法の改正は必ずしなければならないと私は考えている。

今回の総裁選挙に勝つ候補者は、安倍さん以外にいない。天皇退位を来年に迎えて、しっかりと日本の歴史の転換期に憲法改正を成し遂げることを目標に、自民党が一丸となって力を結集してほしいと思います。

私は、自信をもって安倍総理を応援したいと思います。

皆様にもご理解をいただければ幸いです。どうかよろしくお願いいたします。

Share

選挙の噂

 

茨城県議会選挙が今年の年末に行われる。新盆が終わってから、どこもかしこも話題が県議会議員選挙の話題が多くなってきた。

 

あくまでも私が知りえた情報なので、確実なのか?と言われれば、100%の確率ではないのだが、現在の大方の予想をお知らせしてみよう。

 

まず県議会議員のつくば市選挙区は、現職は4名。

星田弘司  自民 当選2回

鈴木 将  自民 当選2回

山中泰子  共産 当選3回

田村佳子  公明 当選3回

 

この4名の現職は、今回も出馬するとみられる。そこに無所属で出馬する噂があるのが、

飯岡英之・塚本一也・後藤吾郎 。

他にも、立憲民主党からの候補者や、または反原発からの出馬の噂もあるようだ。

衆議院議員の青山代議士も自分を支持する県議会議員を擁立して誕生させたいだろうなあ?

泡沫候補も予想するとなんだかんだと7~10名くらいにはなるのではないだろうか???

 

これはあくまでも噂ですからね。噂なので100%の確証ではないので、ご理解いただきたいが・・・。

 

ちなみに、前回の選挙結果をお知らせしておこう。

 

 

茨城県議会議員選挙 2014年の選挙結果。

当選 16,974票 星田弘司  自民(現)2回

当選 14,895票 鈴木 将  自民(現)2回

当選 14,303票 山中泰子  共産(元)3回

当選 13,684票 田村佳子  公明(現)3回

13,058票 ヘイズ・ジョン 無(新)

12,312票 飯岡英之  自民(現)4回

7,390票 荒山千秋  維新(新)

 

合計投票数 94,918人

投票率 56.85%

有権者数 166,970人

 

ただ前回は、衆議院選挙の解散が重なっていたので、投票率などは影響されたと考えられます。

ちなみに、4年前の衆議院議員選挙の結果は、下記のとおりです。

つくば市選挙の結果です。

丹羽雄哉(自民) 48,564票 当選

青山大和(民主) 29,861票 落選

井上圭一(共産) 12,809票 落選

 

また、今回の選挙は、前回と違うところは、つくば市選挙区は、

定数が4議席から→5議席に増えます。

当然、有権者数も前回と比べると増加しております。当然、18歳以上にも投票権が与えられるので、前回と比べるとかなり多くなります。

現在のつくば市の有権者数は、180,525人(平成30年6月1日現在)

 

有権者数が増えてことと定数が増えることによって、選挙戦が激化する様相は大きいと考えられます。4年前の選挙区事情も大きく変化しています。

 

どちらにしても、つくば市はいつの選挙でも激戦が繰り広げられますね。

皆様もぜひ、注目してみてください。

 

少し選挙の話題に触れてみました。

 

追伸:私は、自由民主党公認の鈴木 将(まさし)県議会議員を応援いたします。

つくば市議会議員 五頭やすまさ

Share

議員勉強会。「ハラスメント防止について」

本日は、議員勉強会。
テーマは「ハラスメント防止について」

講師は、(株)インソース の 川見敦子 さん。

議員勉強会は、一つの課題を決めて毎年開催されております。

ハラスメントの種類は大枠では下記の通り。

①セクハラ(性的嫌がらせ)
②モラルハラスメント
③アルコールハラスメント
④アカデミックハラスメント
⑤マタニティハラスメント

パワーハラスメントの概念
職場のパワーハラスメントとは、同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させるこういをいう。

多くのケーススタディ事例もあげて、約2時間にわたり議論しました。

何にしてもコミニュケーション不足による原因が多い気がします。

Share

つくば市農業振興地域整備促進協議会

つくば市農業振興地域整備促進協議会

本協議会は、つくば市内の良好な農地の管理と保全を目的として、農業振興地域整備促進事業に関する事項を協議し、その合理的推進を図ることを目的に、この協議会が構成されております。

構成員は、次の通りです。
市長・議長・市民経済委員会正副委員長・農業委員会会長・農業委員会委員代表・農協組合長・土地改良区理事長・農業推進委員代表・農業後継者

本日の協議内容は下記の通りです。

筑波地区 2件。
大穂地区 8件。
豊里地区 8件。
谷田部地区 4件。
桜地区 1件。

合計 23件の変更申請について協議しました。

Share

全国大会 走り幅飛び 準優勝!

全国小学生陸上競技交流大会で、日産スタジアムにきています。

つくば市の つくば市立秀峰筑波義務教育学校 池嶋修平君、走り幅跳び、準優勝でした。大舞台で快挙です、本当におめでとうございます 。
8/26(日)15:30からのNHK/Eテレ) の放送を楽しみにしています。(放送時間は日本陸連HPで確認しました)

 
Share

新盆(その2)

新盆が終わりました。5月28日、ひで おばあちゃんが99歳で亡くなった。
新盆は、多くの方に来ていただきました。感謝です。
まだまだ多くの方の話を聞く必要があるなあと感じました。
とりあえず、無事に新盆の務めをすることができた。秋の彼岸もあるから、喪主としての務めはまだまだだが。

今日は、昨年亡くなったオヤジの墓参り行ってきました。

少し思い出しました。とりあえず「頑張ってます!」と、報告してきました。

今夜は、久しぶりに子供たちとも外食。次女はいなかったが・・・。5人とも五人五色(十人十色と言うのかな)。彼らの姿を見ながら、面白くもあるし、もどかしくもある。
19歳・18歳・16歳・13歳・8歳。みんなひたむきに努力してほしい。素直に。

終戦記念日の記事も新聞に出てたな。戦後73年。

私も50歳代。現役世代の中枢の世代だ。大きな役割を果たすべき自分の現在の行動を顧みる。

「何をもたもたしてんだろう?」ってな印象が強い。多い。

TVでは、福田の映画が放送されてた。刺激になるな。

お盆中に少し読書の時間が持てた。亡くなった渡部昇一さんの「魂はあるか?」。磯田道史さんの「素顔の西郷隆盛」。あとは「古事記」に関する解説書。

神を信じることに、「賭けの精神」。難しかったけど、表現が面白かった。パスカルのパンセの繊細なる精神も。胸がすくような渡部さんの解説にいたく同感した。

考える葦。なるほどね。

今夜は独り言を書き綴ってみました。

Share