つくば秀英高等学校 創立25周年記念式典

3番目の次女のつくば秀英高等学校の創立25周年記念式典が開催されました。

PTAを代表して挨拶させていただきました。

本日、ここに学校法人温習塾つくば秀英高等学校、創立二十五周年を迎えられましたことを心よりお祝いを申し上げます、と共にPTAを代表いたしましてご挨拶を申し上げます。

今年は、四月一日に新元号『令和』が発表されました。日本にとっては、東京オリンピックよりはるかに大事なのが、この御代替(みよが)わりであります。『平成』から新時代『令和』へ。日本の国柄を体現できる重要な歴史の一局面で、初めて譲位を目の当たりにする経験は、現役の我々大人世代も、今、ここにいる秀英高校の全校生徒、十代の若い世代も、この歴史的瞬間を体現し、国民それぞれが天皇、皇室のことを改めて知り、日本人として、今を考える貴重な機会になりました。

この記念すべき年につくば秀英高校にとっても、貴重な節目の二十五周年を迎えられたことは、本当に、素晴らしい出来事でありまして、この瞬間に皆様と共に立ち会えたことを誇りに思います。

今年度、私がPTA会長として、強く感じたことは、石川理事長の建学の精神とその私学運営に対する情熱と誇りであります。当然、学校開校当時の歴史や様々な出来事なども、お話をしてくださいました。もちろん、二十五年間の間には、本日、ここにご参加いただいている、ご来賓の皆様、歴代の校長先生をはじめとする教職員の皆様、地元の地域関係者の皆様、卒業生の皆様、PTAの皆様の多くの方のご協力と奉仕の精神の大前提があっての二十五年であることは、私がいうまでもないことでありまして、関係者の皆様には、改めて、今までのご協力に対して、心より敬意と感謝と御礼を申し上げます。

昨年、私は、全国高校総体(インターハイ)の応援のために、陸上部の皆さんと共に、三重県伊勢市の「G スポーツの杜 伊勢」(三重県営総合競技場)に、参加させていただきました。隣には、五十鈴川(いすずがわ)が流れる、伊勢神宮の内宮がありまして、お参りもさせていただきました。伊勢神宮の式年遷宮の代表的な神事は、二十年に一度、新しい社殿を作り直します。その準備に八年かかると言われます。

また社殿以外にも生活の道具や刀剣類、衣類などのお供え物も、遠い昔からの伝統の技を受け継いできた職人たちによって、一点一点、一パーツ一パーツ丁寧に手作りで制作されます。社殿の解体で使用された古い古材は、ほぼすべてはそれらの材料として、再利用します。例えば、宇治橋の鳥居(とりい)は、前回の遷宮時の古材が使用され、さらに宇治橋の古材は、「関の追分(おいわけ)の鳥居」や「七里(しちり)の渡しの鳥居」に再利用されます。

本日、秀英高校の二十五周年を迎えて、「本校の建学の精神であります『自主・博愛・創造』をもう一度、開校当時を振り返り、皆様と共に考えたいと思います。

二十五年の歴史は一つの節目でありますが、次の五十年、百年へと続く新時代『令和』の子供たちのために、一人一人が自主的に何をするべきなのか?みなと共に(博愛)生きるために、どんな方法があるのか?伊勢神宮の式年遷宮の一点一点一を丁寧に伝統と技と知恵で作り上げるように、これからどのように紡ぐ(つむぐ)(創造)べきなのか?皆様と共に考える機会になればと思います。

また今回の式典の機会を得て、学校法人温習塾では、寄付基金(寄付基金の正式名称 創立記念募金)の設立に向けて、PTAとしても大きく協力させていただいております。ぜひ、多くの皆様のご理解をいただきたいと思います。これにより、生徒一人一人が伸び伸びと文武両道(ぶんぶりょうどう)に打ち込める環境づくりや生徒たちの夢と希望実現のためにサポートする教育環境づくりが新たにスタートできると考えております。引き続き基金に多くのご賛同を頂けるようPTAとしても皆様のご協力とご理解を重ねてお願い申し上げます。

令和の新時代は、日本にとって新しい挑戦の時代に入ります。これからは、平均寿命が九十歳、もしかしたら百才レベルになるかもしれない超高齢化社会に突入します。今は、ここにいる全校生徒の諸君は、あと十年もしくは二十年後にはその時代のトップランナーの世代であります。日本にとっても、経済成長を維持しつつ、世界に冠たる国民皆保険制度を堅持しながら、世界の先進国として活躍する新しい挑戦が始まっています。

世界のどの国も挑戦したことのない国のあり方を模索するチャレンジが始まっているわけで、皆さんはその挑戦者になるわけです。おそらくその道は、困難なことの方が多い。しかしながら、皆さんには、あえて困難な道を選んで、挑戦し続けてほしい。その道は、真の人間を形成する信念の道だからです。

大いに期待したいと思います。

そして、これからの未来は、生徒諸君の皆様の手の中にあります。それは、ビルゲイツのような大金持ちや資産家でも買うことができない貴重な価値ある未来です。若さという時間です。その手の中にあるものをどのように使うかどうかは?みんなの心に中にあります。

縁があって、このつくば秀英高校で共に学んだ苦楽の体験を生かして、未来に向かって正々堂々と進んでいってほしい、真の人間を形成する信念の道を歩いてほしいと願います。

最後に、新しい『令和』という元号を手話ではどのように表現するか?皆様はご存知でしょうか?

ちなみに、「平成」は、(右手を平行に移動するしぐさ)。「令和」は、右手を小さく花のつぼみのようにおいて、それを前に出します。前に出しながら、少しゆっくりと花が開くように前に出します。これが「令和」の手話の表現です。

国から手話表現の作成(さくせい)や普及を委託されている「全国手話研修センター」は「令和」の手話表現を、つぼみが開いて花が咲くように指先をゆっくりと開く動きを手話の表現として採用することを決めました。

出典となった万葉集の歌が、花の美しさをたたえていることを踏まえ、指先をゆっくりと開く動きには、

春先につぼみが開いて花が咲く様子を、その手を前に押し出す動きには「未来へ進んでいく」という意味を込めたといわれています。

本日の二十五周年を節目に、開校当時の建学の精神を振り返り、そしてこれからの未来のつくば秀英高校が益々力強く発展して、社会に大きく貢献できる人材を数多く輩出することができる学校になることをさらに期待して、そして、本日、ここに参加している皆様の御多幸とご健勝を祈念いたしまして、PTAを代表してのご挨拶に代えさせていただきます。本日は、誠にご盛会おめでとうございます。

令和元年10月26日

つくば秀英高等学校 令和元年度

第25期PTA代表 五頭泰誠(ごとうやすまさ)

Share

行政視察 第3日目

行政視察 3日目。

札幌市の資生館小学校「都心部子ども関連複合施設について」視察研修しました。
・ドーナツ化現象による都心部4小学校の児童減少に伴い、学校統合による適正規模化(資生館小学校)
・子供が安全で健やかに過ごす場の地域要望(ミニ児童会館)
・全市的に利用可能な保育園の設立(保育園)
・少子化現象対策の一環として、子育て支援事業の具体化(子育て支援総合センター)
・0歳児から児童期までの一貫した子育て支援
・地域コミュニティ―の再構築をめざし地域に開かれた施設づくり
施設概要や建設の経緯、運営の枠組みや維持管理費の各施設負担など説明いただきました。保護者、同窓会、地元町内会関係者などを対象とした説明会を70回余開催し平成13年臨時議会にて可決。


質疑後に施設内を案内いただきました。つくば市の小中一貫教育や秀峰筑波義務教育学校についても話す機会となりました。天然芝のグランドで元気に遊ぶ児童達。室内温水プールが2階にあり、体育館は地下一階にあります。メモリアルホールには統合前の各小学校の品々が飾られていました。総工費約40億円。
会派の視察では、視察以外の市政に関する話を共有する大切な時間です。

Share

行政視察 第2日目

行政視察 第2日目 留萌市 議会提案によるかずのこ条例

数の子の生産量日本一の留萌市へ。地元の名産のかずのこの地産地消を促進する、または、名産品のPRのために、議会からの提案によるかずこの条例の制定の経緯について、研修を受けました。

副市長にも表敬訪問して、つくば市との交流について議論させていただきました。

Share

台風19号

今回の台風19号は、日本各地に大きな被害をもたらした。2015年の常総市の大水害と比較しても、雨量においては、匹敵するほど、いやそれ以上だったのかもしれない。TVなどのマスコミの報道でも『命を守る行動をしてください』は、間違いなかったのだろう。

つくば市も桜川の水位が上昇して、『避難準備』・『避難所開設』・『避難勧告』と繰り返し災害速報が流れ、市民の皆様も大きな不安を感じた状況が続きました。

10月12日豪雨から翌日の13日の午後の田土部の堤防の状況をご覧ください。

続いて、14日の早朝で水位が無事に下がった状況もご覧ください。

全国的にみても、大きな災害であったが、ダムの緊急放流についての話題も注目された。緊急放流が本当に必要なものなのか?ダムの詳細を知らない一般の市民にしてみれば、理解不能なのかもしれない。今後、市民に緊急放流の意味を知らせることも必要なのかと感じた。

また、八ッ場ダムが10月1日から貯水試験を始めたことで、今回の台風の対策にも大きく役割を果たしたとの賞賛の声が上がっていることも注目しなければならないだろう。今後の日本全体で取り組む災害対策の基本的な考え方をもう一度、見直すきっかけになるだろうとも感じた。

国土交通省関東地方整備局の速報によると、13日午前5時現在の水位は標高573.2メートルとなり、満水時の水位(標高583メートル)まで10メートルほどに迫ったとのことだ。

周辺では11日未明から13日朝までに累計347ミリの雨が降り、山間部から流れ込んだ水でダム湖の水位は約54メートルも上昇した。八ッ場ダムがなかったら、群馬県が終わっていたという声もあがっている。「無駄な治水事業など無い」
「民主党政権のままだったら下流は今頃大洪水か」。脱ダム宣言をした旧民主党政権が実施したパフォーマンス仕分けのようなものはいらないだろう。

国も市町村ももう一度、国土強靭化と多様な天災による災害対策の抜本的な方針の見直しを迫られるのは、いうまでもない。そしてそれは、国民の命を守ることにつながることは間違いない。特に政治家の意識改革が必要だとも感じます。

Share

高エネ研南側未利用地の特別委員会(10月10日)

10月10日に、高エネルギー跡地利活用特別委員会が開催されました。

委員会では、あらかじめ議員から質問事項を(書面・メール)提出していまして、今回は、その質問に対して、執行部からの回答がありました。

主な内容は、下記の通り

1・公募の内容について

2・事業提案者からの説明はどのようなものだったか?

3・財政調整基金を取り崩すことについて

4・事業者の財務内容について

先の9月議会でも、私を含めて、大久保議員、滝口議員、小野議員からもあった内容とも重なる部分もあったが、執行部からの説明があった。

私が気になった点を少し下記に述べたいと思う。

まず、五十嵐市長が就任してから、高エネ跡地は、URに返還交渉をした。これは市長公約だったが、実現はできなかった。そこで、2017年5月に、執行部として庁内部署について、あの時を利活用する上で、何が活用可能かを各部署に対してヒアリングを行ったという。その中では自然災害時発生の時の『防災拠点として活用できるのでは?』との庁内議論があったことを明らかにしている。

2017年5月に行ったヒアリングから、現在は、2019年10月。この2年間は、市長はこの高エネ跡地に対して、何をしていたのだろうか?もちろん、市民からの意見や要望は聞いていたのしても、市長としてリーダーシップを発揮して、主体的に公的利活用についての議論や提案ができたのではないかと思うのだ?

公的利用については、市民からの要望またはこれから未来にかけて予測されるつくば市の課題を想定すれば、大枠では何点かあげれれていると私は考えている。

五十嵐市長の公約でもある陸上競技場建設もそうだ。しかし市長は公約でありながら、陸上競技場の建設は、廃校跡地とセットとしか考えていない。なぜ、高エネ跡地を候補地として加えて議論しないのかが?わからない。

防災拠点は、庁内のヒアリングからのもので、つまり職員の意識の中でも必要性があると考えている重要な案件ともいえる。

他にも、最終処分場の確保や市営の霊園などが要望があると聞いている。私の知見が及ばないところでも、多様な議論展開をすれば、あの土地の有効活用は、見出していけると思うのだが?五十嵐市長の高エネ跡地に対する姿勢は、かなり消極的にしか感じられない。民間事業者が買ってくれるかもしれないから?それにしましょうと言っているように感じる。

どちらにしても、市長提案の民間に公募する案件は、議会側が、議論が足りないと質したことは、意義深いと感じる。議会の責任も重いとの認識が、議員の意識の中に高くあるからだと思う。

今年度までに、4~5回にかけて、特別委員会での多様な議論展開に期待したい。

Share

高エネ研南側未利用地の特別委員会

議会では、高エネ研南側未利用地の特別委員会が来週に開催されます。

委員会では、議員の多くの意見を集めるために、事前に、質問をまとめることになりました。私も4点ほど、質問事項をまとめました。ご参照ください。

高エネ研南側未利用地に係る事業計画に対する質問について

五頭泰誠

1. もともと総合運動公園基本計画の候補地として、前市長が一度は計画したもの。陸上競技場もその中の一つだった。五十嵐市長が市長公約の陸上競技場の建設も、当時は、その中の一つのアイテムとしてあったもの。現在、市長が陸上競技場の建設に対する考え方は、廃校跡地の再利用と陸上競技場がセットになっているものであるが、高エネ研南側未利用地の前市長の計画は、白紙撤回になったものの、現在、つくば市が所有している46.5ヘクタールもの、有効活用を議論するうえで、陸上競技場の活用について、一切、検討しないのは、多様な議論を排除している印象に感じます。その理由について、伺いたい。

2. 重要なことは、あの土地を、如何に有効活用するか?の議論がなされていないように感じる。事例を上げれば、つくば市の最終処分場が、民間の処分場へお願いしているが、それが5年で受け入れ量がいっぱいになる。6年目以降をどのようにするのか?他の他県へ、もしくは他の自治体および民間処分場を確保するのか?できるのか?つくば市で最終処分場を確保するべきとの考えもある。その場合は、高エネ研南側未利用地が活用できるのか?他にも、市営の霊園などの市民要望の意見も多く聞く。高エネ研南側未利用地に市営霊園事業として活用可能なのか?できないのか?

陸上競技場が建設できるのか?できないのか?または、他にも今後、つくば市が行政として取り組む問題として、あの土地の有効活用ができる事業が他にもあるのか?ないのか?多様な議論が必要だと思うが、その多様な議論の可能性を排除するべきなのか?しないのか?お考えを伺いたい。

3. 民間に公募するにしても、9月議会の一般質問でも質したとおり、売却して得た金額で、銀行に返済して、残りの残債金額(約27億円)について財政調整基金を取り崩す案については、財政上の不安が残る。近年の千葉県などの台風被害などの状況を鑑みれば、財調の取り崩しは、慎重であるべきと思います。今年度の予算案も財調の取り崩しをしたばかり。民間公募した結果、財調取り崩す内容であれば、現在の事業提案者の名前を公開して、検討すべきとも考えます。事業者の財務内容なども議会で議論すべきとも考えますが、如何でしょうか?

4. また市長の財政運営の基本的な考え方、今年度の予算も財調の取り崩しの予算案だったわけで、今回の提案もそうだった。クレオの時もそうだった。財調の使い方に関する基本的な考え方を伺う必要があると考えますが、如何でしょうか?現在は、来年度の予算編成も取り組んでいると思いますが、来年度の予算編成は、財調を取り崩すような予算編成ならないように、要望しますが、その辺の税調取り崩す予算編成の考え方をお聞きしたいと思います。

Share