橋本聖子 参議院議員

昨夜の講師は、橋本聖子参議院議員。現在、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会理事。参議院自民党議員会長も務める。

オリンピックの年に生まれ、父から聖子の名前を。通学生のころから腎臓病に悩まされる。また呼吸器系の持病を持ちながらも、日本女子スピードスケートのトップに上り詰める。

1995年.森 喜朗 衆議院議員より、参議院の比例区から出馬を推され政治家へ。

スケートと自転車競技に出場。冬季と夏季のオリンピックは、合計で15回出場。最後のアトランタオリンピックでは、国会議員としてオリンピック代表として出場。

現在の日本スポーツ界のあるべき姿は?トップアスリートを育てるには、心技体を育てる。特に社会人として、人間としての教育は重点事項であると。日本のオリンピック委員会としても、スポーツ界の選手と指導者のあるべき姿。組織体制としての指針をしっかりと目標設定していく重要性を訴える。今後の日本のスポーツ界、そして人材育成に欠かせない政治の役割は何か?

自身がトップアスリートだからこそ、説得力のある話ができる。実効性がある。とても力強く頼もしく講和を聞くことができました。

Share

まだまだこれからでは?

今回のクレオ再生の件では、五十嵐市長は、議会に提案することを先送りすると発表した。

さて、今回のクレオ再生の案件については、一つ疑問に感じることがある。

五十嵐市長がクレオ再生にかなりの問題意識を持ち、かつ意気込みを投じていたことは事実だが、実際に議会に提案することができなかった。今回のように、議会に起案する前の段階から、素案ということで、マスコミやつくば市報を活用して広く市民に広報し、またはそれに対する意見収集のために、アンケート調査も実施した。五十嵐市長は、これだけ丁寧に市民に対して広報し、意見交換会も開催して、理解を深めたと自負している。

しかしながら、結果的に議員の過半数以上の理解が得られないということが結果だ。なぜこれほどまでに、市民に対して丁寧に知らせる努力をしたのに、議会で理解を得られない事態になってしまったのだろうか?この結果については、市長は深く考えなければならないのではないか?

ましてや市民アンケートの評価も、賛成が8割だとか、または賛成が増えているというニュアンスで説明していた。

もっとも私はアンケート調査の評価については、真逆の評価だ。新聞の見出しに、「賛成が8割」と書かれた。しかしアンケートの回答数は1,800人弱あまり。つくば市の有権者数は、約180,000人。これを分母としても回答数は1%だ。新聞の正確な見出しは「1%の回答数の8割が賛成。」だったのではないだろうか?

「それでは、残りの99%の市民の声はどうなのだろうか?」。私はこの問いに、強い意識を感じて、慎重に判断しなければならないと、今回のクレオの問題を考えた。会派の中でも大いに議論した。

今回のクレオについては、これからも議論が必要なのはもちろんだ。市長の中心市街地の再生案は、まだまだ終わったわけではないだろう。都市整備㈱の今後の展開を静観しながら、市が関わって、中心市街地の活性化に役立つべきことが必要な場合は、可能性があれば、議論して提案するべきだと思う。現実的な話は、これからいくらでもあると考えるからだ。

政治は止まることがない。また問題と解決方法は次から次へと生まれてくる。その繰り返しが政治なのだから。

Share

国光あやのを育てる会

昨日は、都内のホテルで、国光あやのを育てる会に参加しました。

昨年の10月に当選して以来、初めての東京での政治資金パーティ―。

古屋圭司衆議院議員http://www.furuya-keiji.jp/

丹羽雄哉元衆議院議員、

岸田文雄自民党政務調査会長https://kishida.gr.jp/

山下たかし法務大臣https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/meibo/daijin/yamashita_takashi.html

桜田よしたか東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会担当大臣https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/meibo/daijin/sakurada_yoshitaka.html

多くの大臣、来賓の方がお祝いの言葉を述べられました。

私としても、今まで体験した選挙の中でも、非常に大きな記憶に残る選挙で、

国光代議士の挨拶を聞きながら、感慨深く感じました。

地元で丹羽雄哉元代議士の後継者がなかなか決まらなかったこと。そして、落下傘候補として、国光あやの代議士が決定したこと。茨城県知事選挙後にすぐに衆議院の解散総選挙が行われて、短期決戦の選挙戦になったこと。対立候補の青山やまと氏との激戦。知事選挙の影響は拭えずに保守系をまとめることについて苦労したこと。安倍総理や大物政治家の応援が多く、それらの対応や選挙未経験のスタッフが多く、選挙のイメージ作りに大いに苦慮したこと。他にも多々ありましたが、大変な選挙を体験したことは事実でした。

国光あやの代議士もまだまだこれから多くの政治活動の積み重ねで、政治家としても成長を期待している方々が多くいます。古賀 誠宏池会顧問のお話にもあったように、官僚出身の政治家の注意点もご指摘がありました。また古屋けいし代議士からの女性ながらの肝っ玉のすわった度胸強さ。政治家としての素質をますます磨いていって、地元の茨城のためにも、国民のためにも働いていってほしいと感じました。

帰りは、有志と一緒に久しぶりに赤坂で食事をして帰りました。

さて、今朝は、これからつくば市議会は臨時議会です。

でかけます。

 

Share

クレオ問題(全員協議会が開催)

今朝の朝刊。見出しには、~【クレオ再生問題】市の関与に賛成84.4%~

~以下、新聞の内容を抜粋~

つくば駅前商業施設クレオの再生問題で、つくば市議会全員協議会が18日開かれ、五十嵐立青市長は市民アンケート結果を発表した。有効回答数1769件のうち「まちづくり会社に市が出資してクレオを再生を図ることに賛成」と回答した市民が1493件と84.4%を占めた。「市場動向に任せ市が関与することには反対」は276件と15.6%だった。

 

一方、市は、アンケートなどで市民の合意が得られれば、10月下旬に市議会臨時議会を開き、20億円の出資の是非について諮りたいとしていた。五十嵐市長は議会に諮る日程について「まだ確定していない」としている。

 

アンケート結果について五十嵐市長は「無記名でとった前回(7~8月)より多い。1000件を超えると統計的に有意」だと述べた。市HPで実施した前回は1242件の回答があり81.7%が「市が関与すべき」と回答した。今回も前回とほぼ同様の結果となった。

 

回答者の内訳はクレオのある学園地区が55.5%。次いでTX沿線地区が11.2%、谷田部地区が9.7%、桜地区が8.6%など。前回と同様、中心地区が多く、周辺地区は回答者が少なかった。回答方法は市HPが71.8%を占めた。~~~

 

~~~。

 

昨日は、つくば市議会で全員協議会が開催されました。五十嵐市長よりクレオ再生問題についての報告がありました。

 

いつも思うのだが、報道が正確に事実を伝えているのか?と思うときがある。新聞の見出しだけ見てしまうと、「つくば市民の84%は、クレオ再生には市が関与することに賛成だ」と事実として思うだろう。しかしながら、このアンケートというのは、市民の声を正確に把握しているとは言えない。これは白紙撤回になった総合運動公園整備計画の時も同じだった。つくば市の人口は約22万7千人。有権者数は約18万人。今回のアンケート調査の回答者数は1,800人弱。今回のアンケートに参加している割合は、つくば市の人口の0.8%しか回答していないのだ。有権者数を分母にしても1%に過ぎない。その回答の中の8割が賛成ということだ。ところが新聞の見出しには、~【クレオ再生問題】市の関与に賛成84.4%~と出てしまうと、誰が見ても、つくば市民の8割が賛成なのだと捉えてしまうだろう。

 

昨日の全員協議会の中でも、五十嵐市長がアンケート調査について、いろいろ述べていたが、

しきりに賛成が多いとの説明だった。

 

私の認識では、つくば市民のアンケートに答えていない残りの99%の人々の認識はどうなのだろうか?こちらのほうの民意をどのように考えるかなのだろう。もちろんアンケートに答えた1%の方の民意は今回のデータでしっかりと分析できることは言うまでもない。

 

このようにアンケート結果を百分率でしっかりと分析してみると、1%は少数。99%は多数だ。つまりアンケートに回答した1%の「8割の賛成派」は、つくば市全体では、少数派になる??なるとは断言できないが?事実そしては少数派と言えるだろう。

 

さて問題はアンケートに答えていない99%の人々は、どのように考えているのか??ということだと思う。

 

この99%の民意をどのように把握するか?または誰が眠っている(回答しない)意見を引き出すのか?当然、この役割をするのが議員だ。選挙で選ばれた議員だ。現実には、我々のような議員が民意を代弁する立場。またその役割をするのが仕事ともいえるだろう。

 

昨日も五十嵐市長もマスコミの取材にも「選挙で選ばれた議員の方々に理解が得られるように説明する」とコメントしている。また議会に諮るか?もしくは否か?も明言していない。

 

私の所感を述べます。

 

今回のクレオについては、所有者の筑波都市整備㈱は「12月までが売却期限」と市長の説明でも述べている。議会でクレオの案を諮るとしても、12月定例議会では、間に合わないだろう。つまり臨時議会を開催する必要があるわけだ。議会の過半数以上の賛同が得られなければ、おそらく市長も臨時議会は開けないだろう。反対が過半数以上いたとして、わざわざ否決されることがわかっていて臨時議会を開くことはありえないからだ。

 

そして市長の案では、20億の出資、また街づくり会社の設立などを表明しているが、会社設立や銀行融資の21億円など、通常、私などが会社を経営する上での銀行に融資申し込みや融資が確定する検討期間を想定すれば、とても筑波都市整備㈱と売買契約を交わす「買主」として、成立すること自体が間に合うわけがないわけで、この時間的欠陥だけでもとても非現実的な話だと考えている。

 

実際に、市長の答弁でも新たに設立するまちづくり会社の代表者を誰がやるのか?または、出資比率の質問に対しても、答えられないのが現実だった。そもそもそのような重大なことを説明できないこと自体が、この案件の不完全さを露呈している。

 

しかも少なくとも20億余りの税金の使い道の賛否をする我々議員の立場になってもらいたいが、とても決議する条件としても成り立たないわけだ。

 

基本的に私は反対だ。

 

五十嵐市長の構想やコメントしてる中心市街地の問題意識は、すべて否定するものでもない。当然、賛同するところはあるわけだが、現実は、厳しいわけで、その認識は市長にはしっかりと考えてもらいたいと思う。このクレオ問題がつくば市の最大の懸案課題ではないはずだ。他にも周辺市街地の問題は山積みで、高エネルギー跡地の問題や廃校された学校跡地の問題。他にも税金を投下して解決しなければならない山積み問題もたくさんある。

 

「文盲像をなでる」という言葉があるが、大局的な全体像を把握して、冷静に一つ一つの問題を解決している確かさを今一度確認する必要があると考える。

 

私の昨日の感想をコメントしてみました。皆様のご意見を是非、お寄せください。

 

文責 五頭泰誠(久しぶりにTV出演??白髪がかなりあることにびっくり)

Share

入札に関する意見交換会

一昨日は、(社)つくば市産業育成協議会とつくば市との入札に関する意見交換会が開催されました。

詳細は下記のとおりです。

1)一般競争入札の実績については、主に入札の不調件数とくじ引き発生率などの説明がありました。

入札不調の発生率は、28年度比の11.4% → 29年度比は5.3%。多少の減少傾向がある。しかしながら、まだ42件の不調件数がある。

これに対して、同札によるくじ引きによる件数も、工事では29年度は、工事で79件。測量コンサルで6件。物品役務で413件。

くじ引きの発生率は、平成29年度は、25.1%にも及ぶ。くじ引きが多くなっている結果については、問題点はいくつかあるが?つくば市議会では、同札のくじ引き入札に場合は、工事については「最低制限基本価格」にランダム係数を乗じた制度を導入すべきとの意見書が可決された。

執行部の説明では、11月以降の入札からこのランダム係数の採用をする予定との報告を受けました。

さて、ランダム係数についての考え方はいろいろあるが、私の所見は、ランダム係数の入札制度を導入したとしても、長所もあるが短所もあると考える。

9月議会で、ランダム係数の入札採用に関する意見書が、ほかの議員から提出された。私は、反対の立場から、質問して、反対討論もさせていただいた。

入札の応札については、一般競争入札では、工事の設計仕様などを各会社が独自努力で積算ソフトや計算式を検討して、応札価格を決めて、札入れをしている。

ランダム係数の採用は、この各会社が努力して決定した応札価格が「落札価格」にならないという入札の根本的な欠陥があるということを声を大きくして指摘しておきたい。

極端な言い方をすれば、積算する必要がなく、単なるくじ引きだけで、入札をするのと変わりがないわけだ。(ちょっと極端な言い方でごめんなさい)

ランダム係数の採用を提案した議員にも、その認識の質問をしても、的確な返答は得られなかったのは残念だ。また結果的に、賛成が多数になってランダム係数採用の意見書は可決されたわけで、このランダム係数採用についての賛成議員の認識が正確だったのか?個人的には大いに疑問が残っている。

しかしながら、執行部としても議会の議決を尊重する対応をしなければならないとの説明を受けた。

入札制度は、確かに完ぺきな制度はない。今後も、公平性と競争性そして適正な利益確保をする必要がある。同時に、地元の業者の育成を鑑みて、あるべき入札制度を求めて大いに議論していきたいと感じた。

執行部の担当者や市長、副市長をはじめとして、入札に対する真摯な取り組みや考え方には、改めて敬意を表したい。今後も、地場産業育成を目標に粘り強く、あるべき入札制度に取り組んでいきたいと考えております。

 

Share

あれやこれやと

今夜は、久しぶりの家飲み(アルコール)です。少し背中から後頭部あたりまで、疲労感があり、酒は百薬の長と思い込んで家飲み開始です。

昨日は、東京におりました。政経塾です。講師は、葉上太郎という地方自治を専門のジャーナリストです。演題は「地方をみるヒント」。

正直、お話はあまり上手くないが、訥々(トツトツ)とした話し方に反比例するほど、話の中身はかなり重いし濃い。聴講者に投げかける言葉一つひとつが、何気に考えさせれるテーマ。しかもいちいち重い思い。

『読みたい話と事実は違う』とか。『ザラザラとした事実を書く』。講師のジャーナリストしてのこだわりが、かなり効く。

一つ紹介します。
人口減少で地方議員のなり手がなくなったら、『町村総会』が議会の代替物になる。メディアがそんな議論を展開している。
高知県の大川村。人口が386人。議員の定数が6。議員に立候補する人がいないので、『町村総会』の検討をはじめたということで報道された村だ。この『町村総会』について、毎日新聞は、「町村総会は住民が行政に直接関わり、自治に関心を持つ機会ともなる」と書いた。この報道の仕方に、葉上講師は、問題の本質を提起していないと批判をした。

講師は、問題の本質は、「直接民主制と間接民主制の問題」なのに、間接民主制の実施が難しくなったら、さらにハードルの高い直接民主制へ向かうというストーリー設定を報じた毎日新聞の報道の仕方を批判した。

議員になり手がないというそもそもの問題についても、地域に議員になれる人材がいないのと、いてもなろうとしないのとでは、180度現状の認識が違うわけで、「メディアが描くストーリーの嘘」について、鋭く追及していることがとても印象的だった。

この話を聞きながら、私はつくば市の住民投票のシーンを思い返していた。なんとなく似ていると感じた。

住民投票が、市民の意見を反映できる最善の方法として、つくば市全域にキャンペーン活動が頒布された。私は、自分なりに必死で、住民投票について否定的な説明をSNSなどで、議論を展開していた。2チャンネル系のサイトでは、私を「頭がおかしいバカ議員」と誹謗中傷の的にされた。思い出して懐かしさも感じたが・・・
https://www.e-mansion.co.jp/bbs/thread/568583/1/

つくば市議会の話を少し。
9月議会は終了したのですが、最終日の全員協議会で発表した五十嵐市長のクレオについての市が関与した場合の手法について、早速、新聞報道されたので、市民の方から、多くのコメントを聞いております。

私の考えは、今回の市長の説明は、ちょっと無理があると考えております。実際に、私の周りの人は、ほとんどが反対ですね。「市が関与するべきではない」という方がほとんどですね。会社を経営している方は特に反対意見が多いですね。大体、市が関与すると言っても、要は経営を誰がやるのか?またはその新設するまちづくり会社の経営手腕などは、未知数なのですよね。また、市長が言うほど、経営は甘くないということだと思いますよ。臨時議会で、議案が提出されれば、私は反対するしかないと考えております。

安倍総理が内閣改造しました。新聞報道が偏っている感じは否めません。石破氏が善戦したと報道されましたが、私は、逆に圧勝だったと思っています。どこが善戦だったのか?疑問です。

石破さんは、獣医師会から献金をもらっていましたね。「石破3条件」を獣医師会のために、文部科学省にそれこそ忖度工作をしていたわけですね。岩盤規制に加担していた側ですね。石破氏は。それにより、約50年間も獣医学部ができなかった事実。それを報道しているマスコミは少ないですね。

安倍総理には引き続き頑張ってもらいたいです。憲法改正と拉致問題と北方領土とついでに、消費増税は凍結してもらいたいですね。景気が悪くなります。増税の中止を決断してもらいたいです。

お酒を飲みながら、あれやこれやと。

明日は、木更津です。

Share