選挙の結果

東京都議会選挙の結果が出たようだ。

小池ファーストと公明党が過半数で圧勝したようだ。自民党は惨敗。悲しい結果といえよう。

茨城県は、現在、茨城県知事選挙の最中だ。自民党にとっては、違う地方選挙だが影響が大きいのかな?とも予想される。

選挙の政治結果は、都民が受けるのだが、負け惜しみを言わせてもらえば、一体、東京都の方は何を求めているのかな?良くわからない。

都知事と議会は、二元代表制の原則で言えば、都民ファーストの代表の小池知事に対して、議会は是々非々のチェック機能が果たせるのか?疑問に思う。味噌もクソも一緒の最大与党が誕生したわけだ。都民ファースト所属の都議会議員が何を政治決断するのかまったくわからない。豊洲問題一つとっても、小池さんの判断が都民ファーストの政策になるのだろう。如何に都民ファーストという政治集団が政治理念も何もない思いつきの集団だということも知らないで、選挙で選択してしまうのだから、選挙とは恐ろしいものだ。

都民ファーストは新しい改革の旗印だろう。都民は、自民党の政治手法よりも、違う新しい未知の政治手法を選択したのだが、勝者となった面々は、世話になった人を平気で裏切り、いつでも我が身の保身の為には、平気で恩人を貶める卑怯者の政治家集団でしかない。数年前に、民主党政権を選んだ国民はだいぶ反省したのだろうが?都民は同じ選択をしたのだろうか?失敗の繰り返しのようにならなければいいのだが?とても危惧する。

私は、小池都知事にも、都民ファーストに飛び乗った改革者と称して、今夜、万歳三唱して勝利宣言をしている政治家の姿を見ても、感動の一つも感じられない。これだけの大きな東京都議会選挙の結果なのに、感動の一つも感じられない。

それはそれらの輩がすべて尊敬できるような人格者がいないからだ。リーダーの資質は何かと問われれば、卑怯者や裏切りものは一切該当しないからだ。

マスコミが加計学園、大臣の失言、告発などと総攻撃で、安倍さんもと自民党を攻撃することも異常な状態にも思うし、都政とは、まったく関係ないネタで選挙結果が出てしまうようで・・・。

さて一方で惨敗した自民党だが、負けた原因は何なのか?『ハゲー』と秘書をコケにしたインテリ女だったのか?失言の多い大臣ばかりなのか?安倍一強の奢りで自らの政治家としての自己修練に抜かりはなかったのか?裏切り者が出た原因はなぜなのか?自民党の運営体質が問われたのだろう?国政と都議会の自民党の選挙に対する考え方を点検する必要があると思う。

大体、若手の議員に鍛錬が欠けているのかな?とも思う。選挙を甘く見てるんだろう。有権者はネット社会のおかげで、かえって努力だけでは当選できないように複雑な考え方の有権者が増えてきたように思う。色々な有権者の意見に対し、気にしすぎても信念がなくなってしまうし、耳を傾ける謙虚さもなければならないだろう。ネット社会とネット選挙の解禁で、余計に有権者の考え方を把握することが、難しくなっているように思う。

と言いながらも、有権者は夢のようなマジックのような政治をどこかで望んでいるのだろうな?だから自民党にNoを突きつけたのだろう⁈

マスコミの安倍さんも一強の自民党バッシングもひどいもんだった。無責任なコメンテーターが多くて嫌気がさすのが本音だ。明石家さんまのように政治ネタは封印して金稼ぎをしてもらいたいなと思うよ。芸能人が芸がないので、金ヅルは政治の風刺ネタで金稼いでんだろうと思います。安倍潰しもますます強まるだろうな。

最後は、政治は結果が全て。都議会議員選挙の結果で、自民党も相当な緊張感が広がったことは良しとしなければならないだろう。

生前の父がいつも口にしていた言葉が印象的だ。

『運命の自覚』と『慈悲寛大にして自己反省す』と『義務先行』だ。

この言葉を言い続ければ試練を乗り越えると親父があの世で言っているように感じる。

活動報告バックナンバー

Share