自民党青年局長「TEAM11」 常総市の豪雨災害の現況視察

本日は、自民党青年局長「TEAM11」による常総市の豪雨災害の現況視察に参加しました。

午前中は、高杉 徹市長、風見芳之議長、執行部も参加しての、現況報告及び意見交換会。地元の金子てるひさ市議、関 優嗣市議、神達岳志県議会議員も参加しました。

本日の参加メンバーは以下のとおり。

青年局長 牧原秀樹 衆議院議員(埼玉5区)

青年部長 中川俊直 衆議院議員(広島4区)

青年局次長 青山周平 衆議院議員(愛知12区)

青年局次長 石川昭政 衆議院議員(茨城5区)

青年局次長 新谷正義 衆議院議員(比例中国)

青年局次長 高野光二郎 参議院議員(高知県)

青年局次長 舞立昇治 参議院議員(鳥取県)

青年局次長 吉川ゆうみ 参議院議員(三重県)

中央常任委員 田村琢実 埼玉県議会議員

中央常任委員 永森直人 富山県議会議員

中央常任委員 島田幸司 三重県青年局長 第3選挙区支部長

中央常任委員 榎本健治

午後からは、圏央道常総インター建設現場の視察、常総市上三坂地区の決壊現場の視察。

171820211923222415141310987654

最後に、商工会との意見交換会を行いました。

1 2 3

常総市の復興の現実に厳しい現実があります。常総市という自治体がまるごと被災地というこの現実から、政治がどのようにその役割を果たすか?地方も国も政治家の真価が問われています。

筑波大学生のインターン生もはじめての参加でした。つくづく復興の難しさと厳しさを感じた一日でした。

Share