茨城県自民党支部連合会の定期大会

本日は、茨城県自民党支部連合会(以下、県連と表記する。)の定期総会。つくば市の国際会議場で開催されました。
私は、茨城県連の青年局のメンバーだ。自民党が野党に転落した苦しい時も「自民党でなければ大変ことになる」と考えて、一生懸命自民党の政権奪還に向けて、私自身も志を持って共に戦い、協力をしてきた。今でも、それは間違っていなかったと考えている。

しかしながら、自分が市議会議員となって、現実の政治の世界に身を置いてみると、いろいろな諸事情から、県連の政治活動の方針と私の政治行動の相違が生じてしまうケースがここ数年続いた。1つは、一昨年のつくば市長選挙で、まったく違った形になってしまった。その影響で、私自身も自民党の公認を得られなくなった。また、昨年の茨城県知事選挙においても、自民党は大井川さんを支援。私は、現職の橋本まさるを支援した。

浮き世渡世は、勝ち負けの結果がすべて。勝てば官軍負ければ賊軍。つくば市は勝利したが、知事選挙では惜敗した。つくば市も茨城県知事選挙もすでに、結果は皆さんがご承知のとおり。

昨年の解散総選挙では、丹羽雄哉元代議士の後継で、新人の国光あやのを当選させたことで、ようやく自民党県連と同調できる活動になった。しかしながら、どこか?茨城県県連とは、違う場所での政治活動をしている感じは今もぬぐえない。

正直、あれから自民党関連のイベントは、足が遠のいていた。しかしながら、地元の鈴木まさし県会のお誘いもあり、久しぶりに自民党大会に参加して、その雰囲気を感じながら参加した。

来賓の大井川知事の挨拶も前向きな未来志向の予算編成を県議会に提出した旨の挨拶。梶山ひろし県連会長は、引き続き安倍政権と自民党の活動に信頼を寄せていただきたいとの挨拶。自民党を支持する私としては、話の中身はどれも十分に理解できるが、どこか私の居場所はなく、自民党からは蚊帳の外にいる気分になっているのは?やはりつくば市と知事選挙の結果だろう。

少しの間のうちに、自民党県連の体制はどのようになっているのか?わからないし、ま、心配することもないのだが・・・・?

今年は、年末に茨城県議会議員選挙が行われる。定数の増減があり、つくば市も定数が4から5議席へ。牛久市、竜ケ崎市も定数1から2へ。もちろん定数削減される選挙区もある。県会議員の先生方は、まさに正念場の一年になるわけだ。比較的、国政が安定してるから、茨城県政は自民党主導で行くのは、予想されるが、それにしても激戦区では、大混戦が予想される。特につくば市は、大混戦が予想される。乱立するのではないかと私は予想しているが・・・。

私は、しばらくつくば市政に重視して地方自治の研鑽に努めよう。勉強不足があってはならないし、それは支援者や有権者に対しても背任行為にもあたる。3月議会も学校の卒業式が終われば、代表質問・一般質問が始まる。

昼食は、久しぶりにホテル東雲さんの五目そばでおいしくいただきました。

Share

議論は議会だけではない。

さて3月議会の特徴は、市長の所信に対して、会派を代表して問い質す【会派代表質問】がある。平成30年度の五十嵐市長の所信に対して、また各会派の考え方も示す意味も含んで、各会派も会派代表質問は、かなり重視していると言えるだろう。

私の会派は、過去に私が2度やっている。今回は、新人の長塚俊文議員が担当する。昨日から、担当課との答弁調整も始まった。

私は、議会運営委員長という役職を拝命している。前にも説明させていただいたが、議会運営の要の仕事だ。だからというわけではないが、議会運営委員長は、一般質問などを少し遠慮するような慣例がある。暗黙の了解とも言うような。
私も今議会も質問したい案件もあるのだが、会派代表質問やほかの会派の同僚議員に代わって聞いてもらう形を取っている。

この答弁調整が非常に重要な時間だと言える。各部署の現場の話も聞けるし、今後の展開などの感触やそれこそ細かい情報も少しだけ得られる。つくば市以外の国や県の情報もある。

議論は議会だけで繰り広げられていないとも言えるだろう。

Share

3月議会

さて3月議会が始まります。私は、議会運営委員長という役目を務めております。2年目を迎えて、ようやく議会運営委員長としての仕事の流れに慣れてきた感じがあります。
議会運営委員長は議会運営の要であり、議会日程やいろいろな案件をどのような審議の方法で議論するか?議事進行上のとりまとめ役であります。
もちろん議会のとりまとめ役の一番は議長なのですが、ある意味では、二番目のとりまとめ役とも言えるでしょう?!

執行部は、議会の始まる前に、議長副議長と正副の議会運営委員長には、あらかじめ議案の説明をします。そのあとに、会派代表者会議を開催して、その後に、議会運営委員会を開催します。議会運営委員長は、議会の開会前に、3回も執行部から議案の説明を受けることになるわけです。

さすがに、不勉強では対応できません。議案全般に目を通して、どの案件に議論が集中するのか?議会を運営する上で、公平で闊達な議論を展開するために、どのような運営方法がいいのかを決定するのが議会運営員会であります。

一般の人にはなかなか理解しにくいのですが、重要な役目なことは確かです。

今回の3月議会は、平成29年度補正予算と平成30年度予算案がメイン。特に平成30年度予算は注目といえましょう。五十嵐市長の1年間の所信も発表されて、それに対して、議会が対峙して、スキのないチェック機能を議会が果たすことが重要ですね。

平成30年度予算は、一般会計が856億1,700万円。特別会計(国民健康保険・下水道事業・茎高齢者・介護保険・水道事業など)の合計は、535億5,078万円。総合計で1,391憶6,778万円。前年比では、マイナス1.6%。

歳入では、引き続き人口増加に伴い、個人市民税や固定資産税の増加が続いているので、税収は前年を上回る見込みとのこと。歳出面では、子育て環境や教育環境の整備、急速な高齢化に対応するための保健福祉事業に重点を置いているといえるでしょう。

一方で、山積みの諸問題もあるわけで、詳細については、また議会中にレポートすることができると思いますが、私も役目をしっかりと務めてわかりやすい議会にしていきたいと思っております。ぜひ、3月議会に注目していただきたいと思います。

Share

河野太郎外相

最近の国会中継を見ていると、河野太郎外相のイメージは確かに変わった。
どうしても父親の河野洋平のイメージがあり、マイナスのイメージが強い。父親の河野洋平さんは、従軍慰安婦問題が話題になった時に官房長官。

ありもしない慰安婦問題を韓国との外交折衝の結果、いとも簡単に認めた政府談話『河野談話』を発表した。この政治判断が後に日本を貶めたかは、今となっては自明の理。
慰安婦問題は、女性の人権問題という拡大解釈に広がって、国連の人権問題の委員会でも、従軍慰安婦問題の根拠となった吉田証言もクマワスラミ報告の中に取り上げられている。後に吉田証言の吉田清次も証言が虚偽だったことを認めた。朝日新聞も30数年もの報道し続けたことを謝罪した。

25年以上経った今でも、日本は慰安婦問題を持ち出されて、日本外交のタンコブになっている。嘘八百を並び立てる他国からの外圧に屈した日本外交の失政の象徴が河野洋平さんの河野談話なのだ。

ご子息の河野太郎外相のキャラクターも、今まで反原発発言や対アメリカについての発言を聞いても、自民党の中でもかなりの異端児のイメージがあった。

だから安倍内閣の外相になると聞いて、これは安倍さんも「長くないな」と思ったほどだ。安倍内閣の命取りになりかねないとも思っていた。

しかしながら国会中継を見ていると、野党からの質問に対しての答弁は、毅然として隙もなく、まさに鉄壁の盾のごとく。その論陣には爽快感さえ感じる。曲学阿世の徒となった野党からは、おそらく誰も対抗できないのではないかと思ったほどだ。

読売新聞は、このところポスト安倍さんを取り上げて、石破さんや野田さんを取り上げているが、意外と河野太郎さんも面白い人材かもしれない。お爺さんの河野一郎さんも総理総裁になれなかったわけだが、孫がその意思を遂げられるかどうか?見ものかもしれないとも思った。

個人的には、自民党の党是である自主憲法制定の大義だけは、おろそかにして欲しくない。それがなければ、私は、応援できないから。

Share

石破茂さん

石破茂 さん。

石破茂さんの印象は、確か参議院議員の上月良亮さんの選挙の時に、つくば市に応援演説をするために、街頭演説に来たことを思い出します。竜巻で大きな被害を出したつくば市の北条地区の街頭演説会で、炎天下の中を、素晴らしい演説をしたことを思い出します。また、北条地区から桜地区その次の谷田部地区の街頭演説場所へ移動するときに、遊説カーの助手席に石破さんが自ら乗り込んで、移動中もすべてマイクを持って、「私が石破茂です!」と遊説もすべてマイクを持って訴え続けていました。

通常、選挙で自民党の大物の応援弁士が来ると、街頭演説場所だけで、移動は別の車で移動するものが普通だが、石破茂さんは、先ほど説明したような熱い応援をしていた。私などいつも選挙で裏方のような仕事をしているものに対しても、石破さんの応援する真剣さには、熱い戦う闘志が伝わってきたもので、石破さんのその気持ちに感嘆したものだ。

これだけ安倍総理の長期政権が続く昨今では、当然、ポスト安倍の名前はいろいろ出てくる。石破さんもその中の一人だと思う。他にも岸田さん、野田さんなど、今後も総裁選を控えて、自民党の中の駆け引きが生じてくるのだろう。

自民党の党是は、専守防衛と自主憲法だ。これが大枠だ(簡単にいうと)。安倍さんに対抗するために、対立軸を明確にするために、石破さんは憲法改正に慎重論を展開しているように思う。だから安倍総理が維新の会と通じ合うことへの不満を石破さんが表現しているのか?!しかしながら、改憲勢力が3分の2以上になった国会の会派構成を見ると、自民党としての党是を実現する最大のチャンスともいえる。この憲法改正の自民党としての大義に、石破さんの反安倍路線は、背くことになるのではないだろうか?私はそう考えます。

つまり自民党の党是に否定的な大義に、石破さんが負けることになる可能性があると思います。するとポスト安倍としての次期総裁選候補者争いにも、今後、勝ち残れないのではないのかと思います。

だから石破さんが安倍総理と対抗する路線を取ることは、ある程度仕方ないことだとは思いますが、そこら辺の大義を間違えないようにするべきかなとも思います。

今朝の新聞に、たまたま取り上げられていたので、率直な感想をアップしました。

Share

視察先の朝を迎えて

3年前のFacebook私のコメントを見たら、イスラム国が日本人を相次いで殺害したニュースについてコメントしていた。当時は、湯川遥菜さんと後藤健二さんが殺害されたことに関しては、憤りを感じていた。

あれから早いもので3年を過ぎたんだ。

安倍総理になってから、日本の外交及び安全保障については、決して十分だとは、言えないが、しかしながら、確実に外交力を発揮し、しかも法整備なども粛々と実行を行っていると思う。

安倍総理を批判する各般の政治勢力の意見が多くあることは実際には理解できるが、政治は「結果」がすべてだと思う。歴代総理の中で、確実に結果を残していることに大いに評価すべきものだとも思うわけだ。

特定秘密保護法や安全保障関連法案など、長年のタブーとされてきた課題を逃げずに改革に取り組んできたことは事実なのだ。逆に野党などの通常ならば政権与党を攻める側の野党勢力は、「改革」勢力の本来の姿とは程遠く、安倍内閣の批判だけの論陣だけで単調な議論しかできなくて、自滅しているのが現状だ。逆に野党が改革や変化を否定して、安倍内閣が変化を実践している自民党が改革政党になっているようにも感じるわけだ。

確かに安倍内閣は長期政権が続いている。これに対するおごりや漫然な政治活動があってはならない。引き続き、タブーとされてきた案件に対して、国民の批判を受けてでも、改善しなければならない。

会派の行政視察中では、3月議会についての情報を共有したり、議会や執行部の政治運営に対して、会派としてどのような態度表明をするか?多くの議論をすることができた。特に先般1月に臨時議会で可決された「国民健康保険」などの関連案に対しては、つくば市議会の中でも各会派の考え方にかなりの相違があるために、難しい議会運営が求められるだろう。また、来年度の予算案も提案されるわけだ。おそらく一般会計と特別会計を合わせれば、約1500億円前後のつくば市の来年度予算になるだろう。つくば市は年々人口が増えていてつくば市の一般会計も予算規模が自然と拡大している。全国の他の地方自治体の中でも、非常に稀な成長期待度が大きい自治体なのだ。

イオン撤退に関連する駅前の空洞化や運動公園白紙撤回の土地をどのようにするのか?など多くの課題が山積するわけで、議論は尽きない。

さて、本日は行政視察3日目。朝は、希望に目覚めて、本日も他の地方の素晴らしい施策を吸収したいものである。

皆様が、それでは今日一日もご安全に!

Share

行政視察 1日目。鹿児島市グリーンファーム

会派「自民つくばクラブ・新しい風」の行政視察

第1日目。鹿児島市の観光農業公園(グリーンファーム)
鹿児島市は平成16年11月 周辺5町との合併。今回のグリーンファームも当時の合併特例債(約31億円)を使った。総事業費は約36億円。都市と農村の交流拠点として、農村地域の文化とふれあい、また農作業体験ができる農業公園を整備するに至った。施設の敷地面積は、約41.3ha。

農産物直売所、農園レストラン「だいだい」等の運営。多目的広場やキャンプ場なども整備されている。

滞在型市民農園は、年間22万円で最長3年間使用できる。年間を通じて様々なイベントを開催して多くの市民が利用している。28年度の利用者数は、約190,000万人におよぶ。

つくば市の北部地域の観光資源を生かして、何か活用できるかもしれません。

鹿児島へ来たので、地元の食材、黒豚の料理も食べさせたいただきました。

すぐ近くの「知覧平和記念館」にも寄らせていただきました。特攻隊の遺書を朗読すると涙が止まりませんでした。
先人たちに心よりの哀悼の意をささげました。


Share